読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たああちゃん日記

断酒記録とダイエット記録等!!

一日一食59日目ー無添加生活その6

 私の父は、「大腸がん」であった。

一昨日、昨日と、大病院で検査をして、ついに明日入院することになった。

私は、睡眠障害アルコール依存症で大病院へ通院しているが、奇しくも同じ病院となった。

この病院は、私も何度か入院をしていて、状況も分かっているので安心である。

ところで、「がん」であるが、今や、国民の2人に1とも3人に1人がかかるとも言われている。

以前、あなたに、「体温測っていますか?」と問題提起したことがありますよね。

体温が0.5度下がると免疫力は35%低下すると言われています。

また、最近の研究では、がん細胞は体温が35度台の時にもっとも活性化することが報告されているとのことです。

さて、昨日、父の病院の帰りに、久々に牛丼を食べました。

肉を食べるなんて久しぶりです。

多分、食品添加物がたくさん入っている(外食産業はみんなそう)んだなぁと思いつつ、「たまには、いいかぁ」と思いながら、食べた。

高齢の父も「アタマの大盛り」を見事完食した。

そう、たまには、食べてもいいのだ。

今の時代、完全に食品添加物を排除するのは不可能に近いから...

 

f:id:taachan_043078:20170322214256j:plain

 

父の入院期間は、今現在、わかりません。

いずれ担当医から説明があると思いますし、いずれは、手術になるはずです。

これから、自活・自炊をしていかなければなりません(今まで父任せだった)。

その意味でも、今回、「オールパン」を購入して、温野菜生活を始めたのは、大正解と言わざるを得ません。非常にタイムリーでした。

無農薬・化学肥料不使用の野菜の使用、しかもお湯でゆでるのではなく(捨てるゆで水に栄養が)、昨日の「オールパン」の 動画の通り、栄養を鍋に封じ込めますので、本当に美味しくいただけます。

さて、先週の土曜日に、初めて(野菜の量が分からなかったので)、試しに、無農薬野菜1000円セットを購入しましたが、野菜の在庫がなくなってきました。

なので、今日、きのこ類のエリンギ・まいたけ・ぶなしめじをスーパーで買ってきました。

今日の夕食は、昨日の話の続きじゃないですが、「まごはやさしい」を全部食べましたよ!

 

今日の夕食

は、まめ(豆類)       豆腐の味噌汁

は、ごま           玄米にごま塩

は、わ(は)わかめ(海藻類) わかめの味噌汁

は、野菜           温野菜

は、魚            キハダまぐろ刺身

は、しいたけ(きのこ類)   エリンギ・まいたけ・ぶなしめじ 

は、いも(芋類)       じゃがいも

 

じゃがいも・かぶ(葉つき)・エリンギ・まいたけ・ぶなしめじ

 

f:id:taachan_043078:20170322222828j:plain

 

夕食

 

f:id:taachan_043078:20170322223027j:plain

 

無農薬・化学肥料不使用の野菜は美味しいです。

毎日、塩だけで味付けしています。

これだけで、十分です。

だんだん食のスタイルが確立されつつありますよ。

 

f:id:taachan_043078:20170322223307j:plain

 

ここで、また新谷弘実先生「病気にならない生き方3若返り編」から引用。

 

あなたは毎日どのくらい「水」を飲んでいますか?

ここで知っていただきたいのは、「水」と「水分」は別物だということです。

コーヒーやお茶、ジュースなどの飲み物は、「水分」を含んでいますが、「水」ではありません。

いかがですか、意外と「水」を飲んでいない人も多かったのではないでしょうか。

(中略)

基本的に、「水」以外のものは、どれほどたくさん飲んでも細胞の渇きを癒すことはできないと考えてください。

お茶やコーヒーは、たしかに多くの水分を含んでいますが、同時に多くの自然の化学物質も含んでいます。

コーヒーやお茶類、コーラなどには利尿作用のあるカフェインが含まれているので、せっかく濾過して得た水も、利尿作用によって、その多くが失われてしまうのです。

工場で作られる濃縮還元ジュースや他のジュース類は、熱処理によってエンザイムが破壊され、ビタミン等も大部分が壊されるので、健康にはほとんど役に立たない飲み物です。

(中略)

水分の摂りすぎはよくないという人がいます。たしかにコーヒーやお茶、ジュースや清涼飲料水といった「水分」の摂りすぎには注意が必要ですが、「水」であれば、腎臓機能に問題がないかぎり、飲めるだけ飲んでも問題はないと私は考えています。

 

この辺は、以前読んだ、「しょうが紅茶」提唱者の石原結實先生と真逆のことを新谷先生は言われています。

けど、水分を「しょうが紅茶」で何杯も飲んでもいいというのも、よくよく考えると、空腹時にカフェインの摂りすぎはやはりよくないと思われる。

なので、この本は今日読んだのだが、新谷先生の、紅茶を飲むなら、一日2〜3杯までにするのがいいのではと思う(今までそれ以上飲んでいた)。

また、石原結實先生は、「水毒」という概念を持ち出して、水の摂りすぎはよくないと言われるが、甲田光雄先生も新谷弘美先生も水はたくさん飲んでもいいと。

私もこちらを支持したいと思う。

石原先生は、サウナから上がっても、無理に水を飲むことはないとまで言われている。

これは、暴挙に近いのではと思ってきた。

石原先生の素晴らしいのは、スイスの病院を視察した時に、持ち帰った、「にんじんリンゴジュース」の療法です。

毎日、朝食がわりにこれを飲み、小腹が空いたら何か果物を!

朝から、ビタミン・ミネラルをしっかりチャージできます。

この本によると、作り置きの料理は酸化が進むので、そんなものを食べていると老化を進めてしまうとのこと。

以前読んだ、アーユルヴェーダの本にも同じようなことが書いてあったな。

作り置きは今後やめることにしよう。

今後は、できるだけ出来立てを食べることにしよう。

せっかく、この本を読んで学んだんだから。

ちなみに「動物食(とくに肉類)」も老化を促進させる食べ物らしい。

今日のニュースで、ブラジルからの輸入豚・鶏肉の腐ったものを発ガン性物質を混入させて日本に輸出されてきたというニュースがあった。

検査当局を賄賂で買収して、検査を逃れたと言うのだが....

食の安全は、自らが守らなければならない。

先ほどの新谷先生の「水」に関する補足ですが....

水の充分な摂取は、胃腸の流れを整え、毒素の排泄をスムーズにするので、腸内細菌のバランスを整え、エンザイムの生成にも貢献します。

もちろん、この水は、浄水器を通したきれいな水です。

私も浄水器を買いました。(ペットボトルを買うよりも安いので

 

f:id:taachan_043078:20170322232407j:plain

 

f:id:taachan_043078:20170322232539j:plain

 

明日は、長い一日になりそうです。

お昼は、父と入院前に昼食にラーメンを食べることにしました。

明日は、自炊しないかも?

お鮨でも食べる!?

それでは....

 

参考図書

・病気にならない生き方 3若返り編     新谷弘実   サンマーク出版

・ゼロから始める玄米生活

副題:高取保育園の食育実践レシピ集          西日本新聞社

・断食博士の「西式健康法」入門   甲田光雄    三五館

 

(完)