たああちゃん日記

断酒記録とダイエット記録等!!

一日一食52日目ーいよいよ自炊・無添加生活スタート!!

断酒127日目です。淡々と毎日過ごしています。

このブログも、リンク先の文章をスマホでは完全には読めないので、できればパソコンでリンク先を確認されることをお勧めします。

本文は、スマホで可能です。

昨日、約1ヶ月間の構想と準備で、ようやく無添加生活のスタートをとりあえず切ることができました。自炊生活のスタートです(今までは父任せ)。

とにかく、今までは、スーパーのお惣菜を食べていたので、味付けも甘いし、体に悪い白砂糖や食品添加物がたくさん入っていて、食べていて体に対していつも罪悪感があったのです。

今日は、食事が食べ終わって、本当にいいものだけを(一部例外ありー反省材料ですが)食べたので、体も久々に喜びました。

おかげで、気分もよく、昨晩はぐっすり満足に眠れました。

昨日の顛末を順を追ってお話しさせていただきます。

まず、そもそもスーパーのお惣菜ですが、今週の日曜日(断食明けの昼食)にスーパーのおからを食べました。

 

f:id:taachan_043078:20170315002734j:plain

 

一見すると、「天然だし.....」と書いてあるので飛びつきますが、裏を見ますと.....

 

f:id:taachan_043078:20170315003018j:plain

 

砂糖(白砂糖)・pH調整剤・酸化防止剤・漂白剤等の化学調味料がたくさん入っているのです。また、かなりの量の砂糖が入っていると思われます。

先日のブログにも書きましたが、まずできることから始めたいと思います。

なので、調味料を無添加にすることにしました。

まずは、味噌汁。

だしは、無添加の下記のものを使いました。

無添加だしパックです。

 

item.rakuten.co.jp

 

今までは、ヤマキの「あごだし」を使用していたので、

 

http://www.yamaki.co.jp/catalog/products/index.php?id=96

 

 

アミノ酸・食塩・ブドウ糖・風味原料・酵母エキス・たん白加水分解物が入っていましたが、「無添加だしパック」は、化学調味料アミノ酸等)・塩分・糖分・風味調味料・たん白加水分解物料は一切使用していません。

創業60年のだし専門店「マエカワテイスト」の商品です。

 

f:id:taachan_043078:20170315004727j:plain

 

食塩不使用というのもいいですね。

で、味噌は、国内産大豆・天然海水塩の皇帝塩のみを使用した完全無添加の皇帝味噌合わせを使用。

 

item.rakuten.co.jp

 

もし、こちらのサイトで売り切れの場合は、Amazonで検索するか、下記のサイトで購入できます。

 

www.1sio.jp

 

f:id:taachan_043078:20170315011709j:plain

 

皇帝味噌は、タッパーに移し替えましたよ。

 

f:id:taachan_043078:20170315005341j:plain

 

ちなみに、味噌汁を作るにあたって、みそこしを購入しました。

これが優れもので、超使いやすいです。

一応、楽天のサイトで商品紹介をしますが(レビューが多いので)、Amazonの方が安いし、おまけに送料無料です。(私はAmazonで購入しました)。

 

item.rakuten.co.jp

 

味噌汁、夕食まで待ちきれず、また1杯分だけ作るのはもったいないので、2杯分作り朝、試食しました。

 

f:id:taachan_043078:20170315005929j:plain

 

鍋に水を400〜500mlを入れ、沸騰したら中火で3〜5分煮詰めるだけ。

あとは具材を入れ、最後に味噌を入れ完成。

簡単です。私にもできました。

早速、試食です。

完全無添加です。

 

f:id:taachan_043078:20170315010234j:plain

 

だしも効いて、すごく美味しいです。

皇帝味噌も美味しいし、無添加だしも美味しいです。

本物の味というか、生まれて初めての味です。

こんなにもお味噌汁が美味しいなんて、驚きです。

もちろんお水はC1の蒸留水です。

岡崎の八丁味噌、また飛騨高山の大のや醸造赤味噌も美味しけど、それ以上に美味しいし、第一、だしが美味しい。

大のや醸造もメールで問い合わせたが、大豆はカナダ産を使用しているのだそうだ。

本当に食の安全が侵されつつある。

国内産は、ましてや無農薬は....

今まで父親任せだったが、自分で作れば間違いない。

何より無添加食品を食べていると、心が落ち着く。

「体に優しいことをしているのだなぁ」と思ってしまうのだ。

余談ながら、オールパンでのゆで卵の再挑戦。

 

f:id:taachan_043078:20170315015309j:plain

 

水を100ml入れ強火で蒸気が出始めたら、弱火にして6分(冷蔵庫からすぐ取り出した卵)、その後余熱で6分で完成。(私は、写真の通り少し半熟めが好きなので。固ゆでが好きな方は余熱10分です)

皮はうまくむけませんでしたが、下記の通り無事できました。

 

f:id:taachan_043078:20170315011547j:plain

 

前回のブログで新谷酵素をやめてキムチを食べるという話をしましたよね。

キムチも塩分が多いので、一般的には高血圧・腎臓病には悪いです。

けど、天日干しのミネラル豊富の塩は、多少多くとっても大丈夫という説もあるのです。

私は、あえて来たる大病院の5月の大病院の血液検査に向けて、塩分を一日10g位摂取

してみようと、つまりモルモットになってみたいと思います。

キムチも国産の白菜・砂糖は白砂糖不使用・塩は天日干し・化学調味料不使用という条件付きで調べて行ったら、多少高価ではありますが、下記の「キムチのほし山」にたどり着きました。

 

item.rakuten.co.jp

 

キムチを保存する瓶もこれがオススメです。

 

item.rakuten.co.jp

 

キムチを瓶に入れた写真です。(500g入りました)

 

f:id:taachan_043078:20170315015442j:plain

 

お試しセットもありますので、まずはそれからというのもアリですが、正直、ここではキムチの味は、9種類の味の中から選べますが、化学調味料・白砂糖が入っていないものは、「こってり」味のみです。(まあ、それほど神経質にならなくてもいいけどね)

 

以下は、キムチのほし山さんのメールの回答文です。

 

(1)こってりの酵母エキスも化学調味料では? どのくらいの割合で入っていますか? 以上、よろしくお願いします。

(3)こってり味についてお聞きします。 1.きび砂糖となっていますが、普通の白砂糖は不使用でしょうか? 2.アミノ酸等の使用はありますか?あればどのくらい? 3.他に化学調味料とか添加物はありますか? 4.塩はどのようなものを使っていますか?

 

キムチのほし山

(1)のご質問につきまして、酵母エキスは、うま味を刺激する物質を人工的に精製した調味料である「うま味調味料」に定義されておらず、単に「食品」という部類の扱いになります。ビール酵母などから生成されたものだそうです。
配合はキムチタレの0.001%以下になります。

(3)のご質問につきまして
1.砂糖は、きび砂糖のみで普通の白糖は使っておりません。
2.こってり味にはアミノ酸等は使用しておりません。
他のアミノ酸等が入っている商品は、必要最低限の割合(0.2%以下)で入れております。
3.昆布エキス、酵母エキスのみになります。保存料、着色料、PH調整剤等は入っておりません。
4.塩につきましては天日塩(太陽の熱で海水を蒸発させて作った塩)を使用しております。

 

上記の通りで、毎日食べても心配ないかと思います。

塩は、ホームページで、記載がありました。

沖縄の海での天日干しの塩を使用してるとのことなので、皇帝塩にも勝るとも劣らないと思われます。

こんなメールもキムチのほし山さんからありましたよ。

 

当店のご常連のお客様のお一人は、ご夫婦お二人で一ヶ月間で約3kgをお召し上がりになられております。

 

無添加は安心して食べられるので、精神衛生上よい。

 

実は、私の父が先日の大腸内視鏡検査で悪性腫瘍が見つかり、一昨日、紹介状を持って、私と同じ大病院へ。

丸一日検査、検査だったそうです。

血液検査(7本ー動脈検査あり)・エコー・CT・心電図・レントゲン・尿検査。

来週の火曜日に呼吸器の検査があるそうです。

ももう80歳を超えています。

手術に耐えれるか、その判断のための検査みたいです。

おそらく4月始めに入院して、約1ヶ月間は私一人なので、どのみち、自炊しなければいけない運命であったのだ。

もしかしたら、入院が長引くかもしれないし、大腸がんで転移していないとも言い切れない。

いずれは、私は一人暮らしになる運命なのだ。

であれば、今回「オールパン」を購入して、無添加生活を始めたことは、体にも優しいし、なおかつ、自分の自活のためにもなっており、一石二鳥であるのだ。

キムチといえば、韓国・ソウルの一人旅を思い出し、無性に韓国のりが食べたくなった。

場所は移転して、オーナーは今はどうなったかわかりませんが、2009年当時、5泊で7500円位で宿泊したゲストハウスがソウルにある。

部屋は超狭いです(窓付・冷蔵庫あり)が、ご飯・キムチ・韓国のり食べ放題でたまにオーナー(当時は女性)が韓国冷麺など手作り料理を(もちろん無料)振舞ってくれました。

今、大統領が罷免され、韓国国内も不安定なので、韓国に行く方も少ないかもしれませんが、一応、サイトをご紹介しておきます。

私は、ネットで格安航空券を購入して、この「やすらぎ」に宿泊し、ガイドブックを片手に地下鉄で観光していました。5泊6日の旅だったと記憶しております。

 

「新村やすらぎ」

 

http://www.guesthouse-yasuragi.com/about/about-guesthouse.html

 

話は脱線しましたが、韓国のりも食卓に登場します。

キムチ味というところが、これまた、渋い!

 

f:id:taachan_043078:20170315020942j:plain

 

そして、調味料は白砂糖の代わりに、種子島のきび糖に。

しょうが紅茶には、黒砂糖を使用しています。

 

f:id:taachan_043078:20170315021321j:plain

 

そして、最後に、醤油ですが、再仕込み2年熟成皇帝醤油です。

 

 

item.rakuten.co.jp

 

もちろん、無添加ですよ

夕食で刺身で使いましたが、コクがあり、めちゃ旨です!

 

f:id:taachan_043078:20170315021704j:plain

 

これからは、この醤油を使います。

今までの醤油は添加物たくさんありましたし、第一、長期熟成などしておらず、せいぜい、3ヶ月くらいでしょう。

 

f:id:taachan_043078:20170315022043j:plain

 

脱脂加工大豆・白砂糖・甘味料・アミノ酸等・カラメル色素・酸味料・パラオキシ安息香酸と、いままで全然気にもしていなかったが、「醤油屋の醤油が化学調味料まみれなんて!」。「食の安全て何?」。

消費者が、私が気づき始めたように目覚めなければ、生産者は経済重視(利益重視)の食品を作り続けるでしょう。

いずれ詳しく取り上げますが、福岡市早良区に高取保育園という保育園があります。

 

f:id:taachan_043078:20170315024018j:plain

 

そこでは、園児たちに、玄米やそれに合うおかずや、調味料等も吟味されて提供されており、梅干しやお味噌を手作り(園児も参加)でされているそうです。

「食育」とは、よく言ったもので、子供の頃から、インスタントのカップラーメンの味しか知らない園児がいる中で、片や、手作りの無添加の本物のお味噌の味を知っている園児もいるというこのギャップ。

これらが、大人になった時にどんな大人になるのか、興味深い。

園長である、西福江先生は、「食は人の体づくりの基盤であり、味覚や人格形成にも影響を与えるものなのです」と。

食は、人格形成にも影響を与えると?

最近、殺人事件が多いと思いませんか?

この本のまえがきに、「食品の裏側」の著者、安部司氏のコメントにも興味深いことが書いてあるので、一部分を紹介したいと思います。

キレる子どもが問題になって久しい。栄養の偏りや食品添加物の過剰摂取などの影響もあるかもしれないが、私はそれより、食を軽くみた「ツケ」が子どもに回った結果だと受け止めている。大人たちが、簡単便利で快適な生活を謳歌してきた半面、子どもたちは食べ物のありがたみを知ることなく育った。命のありがたみを感じず、人の命の重さも分からない。食べ物を大切にする子どもは絶対に人をあやめないと、私は信じている。

一つ、感激したエピソードを思い出した。高取保育園で講演したとき、会場まで、背丈が私の半分ほどの園児が先導してくれた。途中、事務室に必要な物を置いてきたことを思い出し、「忘れ物したからちょっと待っていてね」と言うと、その子はすぐ、「僕が取ってきますから。先生、忘れ物はなんですか」と聞き返してくれたのだ。なんと社会性の育っていることか。

この本はぜひ、素直で温かな子どもを育てたいすべての人に読んでいただきたい。子どもの心に「ありがとう」と言う感情が初めて芽生えるのはきっと、食事を作る家族の後ろ姿を見たとき。一手間かける料理は、慣れるまで負担だろうが、子どもは必ず見ている。力まず、気長に、命と向き合ってほしい。

以上であります。

うろ覚えですが、アトピー性皮膚炎なんかも、そもそも食事が原因みたいですよ。

まあ、時代が時代といえばそうなのでしょうけど。

カップラーメン・ポテトチップス・お酒・タバコで暮らしている(私にも正直そういう時期がありましたので否定は難しいですが)と、破滅するかも?犯罪も増える?と西先生は遠回しに、警鐘を鳴らしているのです。

そういう人が親になる世の中はおかしくならない道理がない。

やはり、無添加がよいのです。できるならば。

とは、言っても一人暮らしの方もいるだろし、いきなりの「食生活の改善」はハードルが高いでしょう。

それで、下記の本の再登場です。

 

f:id:taachan_043078:20170315031234j:plain

 

トライー「半歩」を始めませんか

「この体は、将来のわが子の体でもあるんだよな」

 

「生ごみすら出ない」私の生活が昨年11月、少し変わった。炊飯器のスイッチを入れた。半年前に賞味期限が切れていたみそも、新しく買った。

社会部記者  重岡美穂(29)。独身。

 

(中略)

そこで一念発起。①野菜を食べる②一日三食とる(私とは違うが)③外食は定食にする④間食は控える⑤自動販売機は使わないーこれをこれを「できる範囲で」やる。「半歩の挑戦」と名付けた。

(途中、適宜略)

半月後。みそ汁を手作り。

2ヶ月目 本で栄養バランスを勉強。肉や卵は毎日食べなくてもいいらしい。逆に食べ過ぎると万病のもと。

昼は、野菜いため定食やおでん定食。夜はデパ地下の和風弁当を増やした。

体の働きをよくしようと、白米よりはミネラルやビタミンが豊富と知った玄米を初購入。便秘も減り「体は食事で快適になるもんだ」と嬉しくなり、やる気も倍増。体重も元どおりに。

 

3ヶ月目 朝食抜きの日も減り、ご飯と野菜、豆類を意識して食べるようになった。花粉症なのでアレルギーと食の関係の本も読み、農薬や食品添加物はできるだけ避けようと思った。運よく、デパ地下に無添加、無農薬の惣菜店があり、常連に。

 

変わったことー。学生時代からひどかった生理痛が軽くなり、鎮痛剤がいらなくなった。血液検査では、赤血球が大きくなり、数も増えた(酸素を多く運ぶから疲れにくくなる)。化粧品店に調べてもらった肌の状態は、肌自身が元気になろうとする力(ターンオーバー)が改善した。

 

今、挑戦は6ヶ月目。食べることを少し意識して「この体は将来の『わが子』の体でもあるんだよな」とか、「野菜も自分で作って見たい。でも、育つまでに1年もかかるのか」とか、いろんなことも見えてきた。

もし、あなたが「呆食かな」と思ったら、「半歩」を始めてみませんか。

このように結んでいますが、後に、この「半歩」がなければ、今の「一歩」はなかったとも言っています。

まさに、できるところから、ぐーっとハードルを下げて挑戦されるのもいいのでは?

 

私も彼女と同感で、「野菜を自分で作ってみたい。」と今、思っています。

 

また、話を本題に戻します。

私は納豆を毎日食べています。

大豆は国内産大豆です。けど、タレやカラシに化学調味料が含まれているので、昨日からは、使用せず(廃棄)に、皇帝醤油をかけて、さらにエゴマ油(オメガ3系脂肪酸摂取のため)をかけて食べています。

 

納豆です。

 

f:id:taachan_043078:20170315034830j:plain

 

成分表示です。タレ・カラシをよく見てくださいね。

 

f:id:taachan_043078:20170315034941j:plain

 

醤油のところで出てきた、たん白加水分解物やアミノ酸等・着色料等です。

タレとカラシです。廃棄ですよ。

 

f:id:taachan_043078:20170315035351j:plain

 

エゴマ油です。小さじ1杯かけます。

厚生労働省は、オメガ3系脂肪酸摂取を1日4gを奨励しています)

 

item.rakuten.co.jp

 

f:id:taachan_043078:20170315035245j:plain

 

 昨日の一日一食(夕食)のメインディッシュは、たこ刺でしたが、ここで反省しました。

刺身なら全て大丈夫と思っていた、私が悪かった。

たこは、モロッコ産で、pH調整剤等・化学調味料が入っていたのです。

なので、今後は、朝漁れの地物の生魚を基本にしたいと思います。

後、厳密に言いますと、韓国のりの塩がどのような塩が使用されているのか?

桃屋の花らっきょうの多分、白砂糖が若干気になりますが.....

まあ、多少は仕方がないです。

父が一昨日、私が「焼き鳥食べたい」と言ったので、焼き鳥を買ってきたのですが、あえて(化学調味料)食べませんでした。

父の晩酌のつまみになりました。

実は、一昨日、父が大病院で検査、検査で8時間も滞在していたので、てっきり入院かと思い、やきもきして、私も疲れていました(父も相当疲れたみたいです)。

帰って、料理する気力もなく、豚レバーの煮たのが売っていたので、それを買いました。

で、食べたのですが、レバーの味が全然しない。(写真撮っておけばよかったな)

ラベルをよく見ると、チキンエキスと書いてある。

「レバーになぜチキンエキスが必要なのか?」

このような疑問を持てるようになったのは、安部司氏の「食品の裏側」を読んだおかげだ。

 

f:id:taachan_043078:20170315041533j:plain

 

f:id:taachan_043078:20170315041612j:plain

 

つまり、おそらく本当の豚レバーではないのであろう。

というか、全てが豚レバーではないという意味。

何かを巧みに、豚レバーと混ぜ合わせて作った商品だと思われる。

以前ブログで紹介した、ミートボールみたいに、いろんなものを混ぜ合わせて作るから安いのであろう。

手間はかかるが、レバーを買ってきて、自分で焼いて焼肉のタレは添加物が入っているので、塩・コショウで食べるのが大正解だ。

それを教えてくれた、 2冊の本だ!

興味深く、2日間で読破した。

温野菜は、アサヒ軽金属の「オールパン」(おすすめです)。

前回と同じく、今回は少し野菜の量の調整と蒸し時間の調整をしました。

(おことわりー料理過程の写真は、前回のを流用いたしました。)

 

f:id:taachan_043078:20170315042452j:plain

 

にんじん・玉ねぎ(前回1個・今回半個)と皇帝塩10g・水100mlを入れ蓋をする。

 

f:id:taachan_043078:20170308054922j:plain

 

沸騰したら、弱火にして6分。

 

そこで、ブロッコリーを投入。

 

f:id:taachan_043078:20170308054512j:plain

 

2分後、小松菜を投入。さらに2分経って火を切って出来上がり。

 

 もちろん、小松菜・ブロッコリーは従来は,我が家では、お湯でゆでていて、ゆで水を捨てていたが、この「オールパン」で蒸すことにより、ごく少量ですが野菜スープもでき、ビタミン・ミネラルが鍋に残っているので、丸ごと摂取できる大きなメリットがあります。

しかも、多少は農薬が心配だが、皮にはポリフェノール等の野菜の特有のファイトケミカルがあるので、基本、皮を剥かず、皮ごと調理しているから、その手間も省け、超楽チンです。

江戸時代は、大根の中身を食べていたお殿様よりも、その残った皮を食べていた家来の方が長生きしたそうですよ。

 

塩は、ミネラルたっぷりの皇帝塩を使用。

昨日は10g入れました。さすがにしょぱかったですが、皇帝塩はたくさん使用してもいいみたいです。

下記小冊子つきましては、過去ブログを参考にしてください。

Amazonで入手できます。

皇帝塩で検索。

 

f:id:taachan_043078:20170315054049j:plain

 

item.rakuten.co.jp

 

f:id:taachan_043078:20170228193346j:plain

 

さて、お待たせしました。

無添加生活1日目の夕食です。

 

f:id:taachan_043078:20170315043847j:plain

 

f:id:taachan_043078:20170315043936j:plain

 

f:id:taachan_043078:20170315051610j:plain

 

ちなみに、夕食1時間前位に、果物(安いのでほとんどバナナですが)を食べます。

ここで、多少、血糖値が上がりますので、夕食の食べ過ぎも防げます。

 

f:id:taachan_043078:20170308124015j:plain

 

また、話は脱線しますが、私は音楽は、クラシックにはじまって、ジャズ・ロック・AKB48となんでも聴きます。

先日、初めてAmazonプライム会員になりました。

年会費3900円です。月に換算すると、わずか325円。

これで、今、4000円OFFでKindleが買えます。

これだけでも、100円の儲けでしょ?(今だけですが)

また、お急ぎ便が利用できたり。

タイムセールスが、一般の人より30分早く参加できたり。

あと、音楽や映画やドラマが聴き放題・見放題なのです。

ジムで、ウォーキングしている時の時間つぶしにちょうどいいと思っています。

病院の待ち時間にも利用していますし、家では、パソコンで流し放しです。

例えば、iPhoneの画面ですが、往年のジャズが聴き放題です。

 

f:id:taachan_043078:20170315050802j:plain

 

f:id:taachan_043078:20170315050825j:plain

 

ロックでは、ビートルズやクイーンなど...

 

f:id:taachan_043078:20170315050922j:plain

 

f:id:taachan_043078:20170315050954j:plain

 

昨年の5月に断捨離をした際、CDを約200枚処分(「もったいない本舗」の買取サービス利用)した(断捨離の奮闘記は、過去ブログを参考にされたし)。

なので、いろいろ曲が聴けて楽しみだ。

私は、個人的に、自分の青春時代の80年代のロック・ポップスが好きなので、結構その辺は充実しているので嬉しい。

さて、肝心な話ですが、実は、まだ、運動をしていないのです。(汗)

大相撲が始まってしまったので、相撲好きのおじさんとのサウナ談義があるので、と、言い訳ばかり、また、昨日から無添加生活を始めましたが、それまでの食生活はひどいものでした。

ブログを書いていない空白の期間。

ひどい時は、アイスクリーム8個(小さいのですがーリアル汗)食べたり。

もう一切食べない、「あばよ、アイスクリーム」宣言をしていたのに。

あなたには申し訳ないです。

体重、元に戻りました。

なので、一昨日の体重69.95kgを起点に、また奮闘したいと思います。

運動は、まず40分4kmのウォーキングから、大相撲が終わって、3月27日から始めたいと考えております。

まあ、自分で言うのも変ですが、アイスクリームをやめて、昨日のような食事をして、運動をすれば、すぐに減らすことはできると思います。

何度も減量した実績がありますから。

体重推移は下記の通りです。無残なものですよ。

 

f:id:taachan_043078:20170315045955j:plain

 

本当に体は驚くほど正直です。

だから、無添加なのです。

米食なのです。

これらは、続けることで意味をなしていきます。

減量も真面目にやってれば、おそらく今頃は64kg位になっていたかもしれません。

でも、誘惑に弱いのも人間なのです。

煩悩というやつですね。

再度、ここでおさらいをしますが、

 

私の一日の食事

 

朝食   にんじんリンゴジュース

 

昼食   なし

 

夕食1時間前  果物(主にバナナ)

 

夕食   玄米+雑穀米(ごま塩)・魚・温野菜・納豆(エゴマ油)

     キムチ・らっきょう・韓国のり

 

     無添加調味料使用

 

週1回 一日断食

 

しばらく、このパターンで頑張ってみたいと思います。

もちろんこれはなしで。

 

f:id:taachan_043078:20170315061556j:plain

 

どうしても甘いものが欲しくて我慢できない場合は、こちらを食べる。

 

f:id:taachan_043078:20170308123901j:plain

 

3月6日に血液検査をした。昨年の6月頃からほとんどお酒をやめており、完全断酒127日目の今日であるが。

ΓーGTPの値が45と初めて50を切った。50を切ったのは、多分、30年ぶり位だと思われます。

一日断食も功を奏して、検査値は良好でしたが、総コレステロールが上限を少しオーバーしたのは、もしかしたら、アイスクリーム・チョコレートの食べ過ぎかもしれない。

隠れて、食べていたのである。

無添加生活を契機に、今度こそは決別したいと思う。

今日のレシピは、またアップしますよ。

皇帝醤油、煮魚にも使えますよね。

料理酒は、食塩が入っているので普通のお酒を使う予定です。

(飲まないから、大丈夫)

酢も純米酢にしたいと思う。

先ほど紹介した高取保育園の本にも食材の調達先リストが詳しく載っています。

もし、このブログをお読みになられた、あなたが女性ならば、迷わずこの本を手に取られることを、とは言っても本屋に置いてないと思うので、864円自己投資されることを強くお勧めいたします。

最後に、今回導入のコスト面ですが、玄米も在庫無くなり次第、無農薬玄米にと考えております。なので、コスト高にはなります。

けど、私の玄米の食べる量は、1日1食でしかも雑穀米含め約110g程度。

なので、月2kg位しか消費しない。

(おまけに、毎週土曜日は一日断食でご飯は食べない)

コスト面での節約もあります。昼食代がかからないということや自動販売機で飲み物は買わないようにしています。

タバコ・お酒をやめたので、そのお金もかかりません。

工夫次第なのです。

そういう意味でも、ゼロから始める玄米生活2 おかず編は、いいヒントになると思います。

あなたが本気で今の食生活を変えたいのであれば。

それでは、

今日も、にんじんリンゴジュースでチャージ。

無添加生活2日目の幕開けです。

 

参考図書

・食品の裏側       安部司     東洋経済新報社

・食品の裏側 2 実態編  安部司     東洋経済新報社

・食卓の向こう側 2            西日本新聞ブックレット

・ゼロから始める玄米生活2 おかず編    西日本新聞社

 副題:高取保育園の食育実践レシピ集

 

(完)