たああちゃん日記

断酒記録とダイエット記録等!!

ダイエット挑戦3日目ートレーニング計画(ジムでのカウンセリング)

断酒81日目を迎えました。

特段に変化はありません。

ただ、昨日まずいことがありまして、というのも、夕食がウインナーカレーのみだったので少々口がさみしくて、思わず、アイスクリームを衝動的に買いにいき、3個も食べてしまいました。

その日は、大満足でしたが、今日になって大後悔しました。

もちろん、体重が増えるのではということもありますが、それは今後焦らずにやっていけばいい。

昨日の、カウンセリングでも体重71kgの現状で目標60kgまでにはすぐにはならないので、まずは68kgを目指し、その次に65kg、その次63kg、60kgと段階を経るものだと説明を受けました。なのでそれはいいです。

とにかく、胃がムカついて、不快なんです。朝から気持ち悪いのです。

膨満感もあります。

今日一日何も食べなくてもいいくらいな感じです。

もう、これを学習して、今後はやめましょう。

いい勉強をさせてもらいましたよ。

さて、今日のテーマですが、当初、昨日の続き、にんじんリンゴジュースーその2をやろうと考えていたのですが、昨日から本格的に始動したジムでの話をしたいと思います。

今後のダイエットの要の要素の半分は占める重要な部分なので、ぜひお話ししたいと思います。

昨日、予約してあった、ジムでのカウンセリングを受けました。

目的は、インストラクターにトレーニングメニューを作成してもらうのとトレーニングマシンの使用方法を教えてもらうことでした。

まず、こちらの要望をお伝えしました。

・体重を60kgまでにしたい。

・ウォーキング(6km/h)で1時間歩く

・体が超硬いが、ストレッチした方がいいか?

・下半身中心の筋トレをしたい(含腹筋)

ざっとこのような内容であります。

で、出て来た計画書が下記のものとなります。

⑴血圧測定

⑵ウォーミングアップ(自転車-10分)

⑶ストレッチ(10分)

ウェイトトレーニング(1日おき、腹筋は毎日)

⑸ウォーキング(6km/h-1時間)

⑹血圧測定                       以上

 

各々のメニューの詳細は、

上半身(胸・肩・背中)

・チェストプレス

・ショルダープレス

・ラットマシン

下半身(脚・おしり)

・レッグエクステンション

・レッグカール

・レッグプレス

・スクワット

おなか・おしり

・トータルアブドミナル                  以上

 

昨日は、各マシンの使用方法の確認のため、全部を各5回ずつ行い、その後腹筋を含め、下半身のトレーニングを10回を2セット&ウォーキング20分して切り上げました。

けど、本当に日頃運動してないつけが回って来て、久々に心地よい筋肉痛がきたっー!

その後はサウナでゆっくり汗を流し、水風呂にも入り、気持ちよくジムを後にしました。

今まで、お風呂だけ入りに来ていたが、せっかく会費を払っているのだから、こうやって使わないと損ですよね。

昔は、この後、ザバスなど、たんぱく質を補っていましたが、今はもうしません。

二つの理由があるからです。

1昔のようなボディビルダーのような体ではなく、スリムな体を目指しているため。

以前は、胸板が厚くなりすぎて、既製のYシャツが窮屈になる、力を入れると背中から縦に裂けました。それほどだったのです。

ベンチプレス80kg,スクワット100kgの時期も私が東京に住んでいた、今はなき、新大久保のスポーツ会館通いをしていたきにあったのです。

2遺伝性の腎臓病があり、今は食事制限は全くないのですが、おしなべて、たんぱく質は体重1kgにつき1gがいいというのがあります(腎臓病の場合)。

なので、私は、体重60kgを目指していますので、一日一食で夕食は基本、刺身と納豆と玄米食たんぱく質60gを目指しております。

ちなみに、昨日、脱衣所で体重を測ったら、 70.3kgでした。

やはり、脱衣所の体重の方が比較的簡単に計測できますし、今は、iPhone用のアプリSimple Dietというのを使用しているので、将来的にこのグラフの公開も考えておりますので、今後はこちらのデータを公開していきますね。

ちなみに、今日は、トレーニングを始めるといつもの相撲好きのおじさんに会えなくなる(今後もたまにはトレーニングサボって会いますけどね)ので、挨拶するために、トレーニングなしで、サウナに直行です(笑)。

余談ながら、相撲好きのおじさんは歳は68歳くらいか?

若々しく、身長160cmだが、無駄な贅肉が全然ついていなくて素晴らしい体をしているのです。

サウナで会ううちに、親しくなり、話してみると、サウナ&水風呂は4回繰り返すみたいだが、ジムに来る前に約2時間位山登りも含めて10km位を雨の日も雪の日も毎日歩いてトレーニングしてから、来るとのことで、やはり努力しているのだなぁと感心しました。

そのおじさんにも、暗い過去があり、最大体重68kgの時代があったというから人間は不思議であり、であるからこそ、魅力的なのかもしれない。

私は、毎日、おじさんの締まった体を見ると、自分もあのようになりたいと思う。

そして、今、ついに決心したのだ。

Yes,I can.

別にオバマ前大統領ではないのだけどね。

ちなみに、夕食だけは、カミさんがブーイングらしいけど、ご飯抜きにしているらしいです。

そういうわけで、今日も、ジムに行って来まーす。

こちらも、雪のピークも過ぎて、氷も溶けて随分暖かくなりました。

このまま、春に向かってくれればとひたすら念じていますが、どうなることやら。

これから、断酒と両輪で長いダイエットの旅がまさに始まるのです。

これからは、私の実体験をあなたにお示ししますので、説得力がありますよ。

過去のブログをよーくご覧になっていただければ、賢明なあなたはおわかりかと思いますが、私はよくブログにありがちな綺麗事とか空想めいたことロマンチックなことメルヘンチックなことは一切書きません。

実話です。ノンフィクションです。

なので、100%信用してもらっていいです。話としてはですよ。

けど、実行は、話が矛盾するようですが、自己責任でお願いします。

例えば、いずれお話ししますが、私は現在、体温を上げてダイエットをすると同時に内臓を守るために、基本1年365日腹巻生活を始めました。

本を信じたからです。

その本の著者=医者に賭けてみたのです。

いわば、博打かもしれません。

ここで、思い切って個人情報になりますが、私の持病&年齢を明らかにしましょう。

歳は、今年の誕生日で56歳になります。(ちなみにバツイチです)

持病はたくさんあります。

睡眠時無呼吸症候群

・慢性膵炎

・多発性嚢胞腎

睡眠障害

アルコール依存症

ざっとこれだけの病気があります。

まず、アルコール依存症

思い起こせば、19歳頃からちびちびビールからお酒を覚え、今までまさに浴びるような大量のお酒を飲んで来ました。

アルコール依存症の平均死亡年齢は52歳なのです。

なので、もう亡くなっていても不思議ではないのです。

けど、生きているのは、神様が社会に貢献せよということなのでしょうか?

石原裕次郎さんも50歳台で、美空ひばりさんにいたってはジャスト52歳でお亡くなりになられました。

私も、持病もためたくさんの薬を飲んでいます。

一説によると、医者は5種類以上の薬を投薬すると生命の保証はできかねると言います。

ぶっちゃけ、私は、10種類以上飲んでいますので、今日死んでも、あるいは、このブログ作成中の今死んでも、なんの不思議もないのです。

だめ押しで、睡眠時無呼吸症候群の対処療法で、CPAPという機器を鼻にかぶせて毎日寝ています。

腹巻は、サイトで見ると、よく言われるのが、ずーと付けっ放しでは、腹巻なしではいられない体になるということがありますよね。確かに一理はあるが、しかし....

話が飛びますが、昨日のブログを読まれたお方、力士の朝稽古の話をしましたよね。

朝飯前に稽古するのですよ。力士は。

「朝ごはん食べないと力がつかないよ。しっかり食べなさーい」という理論が正しいのなら、力士も朝ごはんをしっかり食べて、一服してから稽古すべきではないのでは?

そうなんです。俗説にはなんの根拠もないのです。

今までの常識もたまには疑ってみる勇気も必要なのでは?

朝食は昨日紹介した、にんじんリンゴジュースとしょうが紅茶(黒砂糖たっぷり入りー体を温める)を飲めば、血糖値が上がり空腹感は無くなります。

そもそも、お腹が空くというのは、空くのではなくて、低血糖状態なのです。

なので、飴をなめても黒砂糖(白砂糖ー体を冷やすのでよくないです)をなめても血糖値が上がり空腹感が無くなります。

そして、(力士でいう稽古後)昼食に七味トウガラシとネギがたくさん入ったお蕎麦を食べればベストです。慣れてくれば、これも抜きにして、代わりにしょうが紅茶2杯程度で十分満足できるでしょう

そうなれば、もうしめたもの。

そう、一日一食生活のスタートです。

体重は面白いほど一直線に下がっていきます。

(これから私が証明しますね)

夕食は基本、お酒を含めて自由ですが、少なめの方が胃に優しいです。

慣れると少なめでも大丈夫になります。

ここまで、私のブログをお読みになり、「なんか、こいつ妙に自信ありげだな!」とお感じになられた方、さすがに鋭いです。

実は、一度2年前に昨日紹介(今後紹介する本もー今回2度目の購入です)した本も読破して、実践して、体重を70kgから60kgに落とした実績があります。

ノウハウがあります。

今回はそれを再現するだけなので、必ず60kgに落とせる自信はありますよ!!

ただし、今回は筋トレもするので、筋肉がつくので、一直線は難しいかもしれません。

筋肉は重さがあるので。

何れにしても60kgまで到達してみせますよ。必ず。

あなたも信じて、私についてきてください。

必ず、ダイエットできますから。

お金は無料ですよ。(情報料)

できれば、私の紹介する本を購入して繰り返しお読みになることをお勧めします。

コメントで、分かる範囲での無料相談も受付開始します。

さて、話が、腹巻からすっかりと脱線してしまいましたが、腹巻ダイエットを勧めているのは、石原新菜先生です。

彼女自ら、1年365日腹巻をしているそうです。

有名な、彼女のお父さん、石原結實先生も著書で腹巻を勧められています。

私が石原先生に賭けて、腹巻を着用すると決めたのも、一心に効果的にダイエットしたいということが一点、内臓を守りたいということが二点目でした。

先ほど述べたように、いつ亡くなっても不思議ではない自分の命。

もしかして、これは全くの想定外ではあるが、今日のジムへ向かう最中、不幸にも交通事故で命を落とすかもしれない。

そう考えると、人の命は儚い。

昔、流行した歌の歌詞に、

「枯葉、一つの重さもない命...」というのもあった。

案外、強靭であり、反面脆弱が背中合わせなのかもしれない。

ガンで命を落とせれる方も多い。

ここで、再余談ながら、いずれ講を設けてお話ししますが、ガンで亡くなられる方も多いです。

これは、体温が低いとガン細胞が増殖しやすいそうです。

腹巻ではないですが、しょうが紅茶じゃないですが、サウナじゃないですが、自分の体温を上げることによって、ガン細胞の増殖を防げたり、あるいはダイエット効果もあり、一石二鳥です。

ちなみに、今は、午前6時14分ですが、人間の体温が一番低くなる時=一番亡くなる時間帯は、午前3時〜5時です。

今、参考までに、自分の(もちろん腹巻着用)体温を測りました。

いつもは必ず、35℃台ですが、なんと驚異の36.7℃ですよ。

アンビリーバブル(信じられないです)。

早速効果てきめんです。

腹巻も賛否両論があることは、百も承知。

全部、自己責任でやりますよ。

先ほど、あなたにも、自己責任でお願いしますと言ったのは、こちらは決して嘘は書かないけど、そういう意味なんですよ。

これで、ようやくご理解できたみたいですね。

よろしければ、今後役に立つ情報を盛りだくさんに提供していきますので、読者登録していただくと嬉しいですし、励みになります。

長文お読みいただきまして、ありがとうございました。

今後とも、よろしくお願いします。

 

(完)