たああちゃん日記

断酒記録とダイエット記録等!!

ダイエット挑戦2日目ーにんじんリンゴジュースついてーその1

断酒80日目を無事迎えました。

多分この先も淡々と断酒を続けていけると確信をしております。

唯一の問題点はありますが、それはまたの機会に!

さて、1月23日以来、一日一食の生活を始めて、今日で早5日目。

今日の朝食は、

まずは、起きた後に、しょうが紅茶を飲みました。

ちなみに、昼食もしょうが紅茶。

夕食は、ウインナーカレーに決まっております。

今日ももちろん、一日一食です。

 

f:id:taachan_043078:20170126172331j:plain

 

その後、今日のテーマである、にんじんリンゴジュースを約450ml飲みました。

 

f:id:taachan_043078:20170127080928j:plain

 

上記写真の通り材料は、リンゴ1個とにんじん2本です。

もちろん、両方とも皮が付いたままジューサーにかけます。

これは、決して手抜きをしているのではなくて、皮にポリフェノールとか栄養分があると本には書いてあります。リンゴの芯だけは入れませんが、種もジューサーに一緒に入れます。 

ちなみに、コストなのですが、今は冬場で正直、果物・野菜は高いです。

リンゴが1個170円位で、にんじん2本で130円位で、一食につき300円かかります。

父親が皮肉で言います。「私の朝ごはんの3倍のコストだ」と。

確かに今まで、このような質素な朝食でした。

ビフォアフターの世界ですが...

ただ、一日一食しか食べないので、一日のトータルの食費を考えると採算は微妙なラインかも!?(細かく試算してないので何とも言えないが)

 

f:id:taachan_043078:20170127081729j:plain

 

ねぇ!納得でしょ!

それで、出来上がりはこんな感じです。

 

f:id:taachan_043078:20170127081906j:plain

 

実は、これを作るには、ある本を読んで作ったのですが(後ほど出典を明らかにしますー今後もー著作権の問題もあるので)、ミキサーではなく、必ずジューサーで作るのが大切です。(理由は本に書いてありますので、是非本を買ってお読みください)

 

私は、昨年の5月頃に断捨離をした話を昨日のブログでもしましたよね。

その際、一日一食関連の本を20冊あまり処分したのと共に、「ああ、これで、もう、にんじんリンゴジュースを作ることもないな」と思い、そのジューサーも一緒に処分してしまったのでした。

再度、一日一食を始めるにあたり、にんじんリンゴジュースを作るのに、まずジューサーを新たに購入したければならないという、コスト面のハードルがありました。

結論を先に言いましょう。

前回と同じ2012年製のPanasonicのジューサーの中古(新品同様品)をAmazonで購入したのです。

これです。

 

f:id:taachan_043078:20170127082957j:plain

 

パナソニック ジューサー オレンジ

MJ-M12-D です。(生産中止です)

ちなみに、本日、Amazonのサイトを見ると価格は新品で14168円となっている。

これを見て最初、私、「うわぁ!思いっきり、ハードルたかぁ!」と思ってしまいましたが、よくよく見ると、中古品という奥の手がありました。

恐る恐るそのサイトをクリックして見ると、今なら(早い者勝ちです)4980円で未使用品が1点あります。(1月27日9時現在)

私が購入したのもこの価格で、未使用品でしたが、店頭展示品でした。

もちろん問題なく動作しますし、保証もあります。

ちなみにこれの後継機もあるのですが、カスタマーレビューがいまいちなので、使い勝手がいい(いいですよ。お手入れも楽チンですし。なんせ、毎日お世話になるものなので、ここんところ大事)この機種を一押しします。

先ほどの、ジュースが入ったグラスを見ていただければいいと思いますが、ちょうど、グラスに一杯になりまして、そのまま口につけて(他のグラスに移し変えることなく)飲んでいます。

参考までに、このジューサーでは、飲み物の濃度を、「ふつう」と「こい」から選べますが、「こい」がオススメです。

また、付属品のすっきりフィルターは使用していません。

ちなみに、ちょっとだけ触れますが、俗説で、「朝からきちんと食べないと力が出ないよ!」という話には何の根拠もありません。

人類はその歴史上ほとんどが飢えの歴史だったのだから。

飽食の時代になったのはごくごく最近。

そして、本日、相撲界では、新横綱稀勢の里関が、明治神宮で雲竜型のお披露目をするみたいだが、そもそも力士は、朝起きてから、朝飯前に朝稽古といって、激しい稽古を3〜4時間するではないか。

ちゃんと、力士が証明してくれているのだ。

力が入らなければ、力稽古出来ぬなら、朝食後稽古するはずだが、どうもそうではない、空腹のまま稽古をしている現実がある。

果たしてこれに対してあなたは反論できますか?

(そんなことも本には書いてある。ご参考までに)

今日は、にんじんリンゴジュースの入門編ということで、その1をお送りいたしました。

予定としましては、後日、その2、にんじんジュースの効用をお話したいと思います。

このブログを読んで、すぐにでも良い習慣を始めたいと思われた方がいらっしゃれば、大正解です。

うまくすれば、持病が治るかもしれません。あるいは、病気にかかりにくい体になるかもしれません。

そういう可能性を十二分に秘めた飲み物です。

また、今すぐにでも詳しいノウハウがすぐにでもお知りになりたい方は、本屋へGO!

今日もご愛読ありがとうございます。

読者登録いただけれとさらに嬉しいですし、モチベーションアップにつながります。

よろしくお願いします。

参考図書

・「空腹」が人を健康にする  南雲吉則  サンマーク出版

・医者いらずの「にんじんジュース」健康法 石原結實  PHP文庫

 

(完)