読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たああちゃん日記

断酒記録とダイエット記録等!!

断酒32日目ー断酒とMacと囲碁

私は、1995年のWindows95からずーと21年間、Windowsのパソコンを使用していた。

今年、Macのパソコンを買うなんて思いもつかなかった。

Macのパソコンは取り扱っている店舗も限られているし、第一マイナーなイメージとアーチスト(ミュージシャンやクリエーター)が使うものだと今まで思っていた。

Macの実機との出会いは、ひょんなことから始まる(過去ブログにも少し書いた?)。

私は、愛猫のワクチンを毎年年1回、6月に動物病院に打ちに連れて行くのだが、会計の時に、先生の机の上のパソコンに目が止まった。

なんと、Macではないか。

実は,これも過去ブログにあるが、今年の5月に断捨離をして、さらに、ミニマリストの境地まで至った私としては、その頃、Macにすごく関心を持っていた時期でもあった。

なんと、Windowsにあったタワー(CPUやらハードディスクやマザーボード等を収める)がないのだ。

不思議だ!!

先生に聞くと、この薄い(私の7年前に買ったのよりも)、モニターの中に入っているので、タワーが不要とのこと。

しかも、当時、部屋の中を白やシルバーにしたかったので、当時の黒のパソコン・キーボード・マウス・タワーよりも、シルバーのモニター・ホワイトのキーボード・マウスの方が部屋の統一感も取れる。

しかも、今まで、机の上を占有していた、タワーもなくなればこんなにいいことはないと思っていた。

いずれは、いや、今度パソコンを購入するときは、絶対Macにしようと思って病院を後にした。

なんども、写真を掲載してして恐縮だが、ミニマリストに至った当時の机の様子である。(今は、少々乱れていますー思案中)

 

f:id:taachan_043078:20161004220445j:plain

 

iMacです。これが我が家に来たのが10月2日です。

概ね、2ヶ月ほど使ってみました。

先に、iPhoneを購入したのですが、これも詳細は過去ブログにあります。ご参考までに。

結論から言いますと、非常に使いやすい。

非常にシンプルでわかるやすく、かつ、直感的に操作できる。

特に、iPhone&iMacのシームレス(継ぎ目のない)連携は素晴らしいの一言に尽きる。

ぜひ、iPhoneをお持ちのかたは、Macのパソコンを買うべきだと思うし、逆もまた真なり!

wonderful!!

さて、断酒の方ですが、11月10日にレグテクト錠を処方されてからというもの、不思議なことに、ことの一回も飲酒欲求が脳裏をよぎったことはありません。

父が、毎晩晩酌しています。

一年365日欠かさずですよ。

毎日3合の日本酒。最近は4合ですよ。

これって、立派なアルコール依存症じゃありませんか?

父にそのことを言うと、不機嫌な顔をして、「俺はこの先長くないのだから、好きにさせてくれ」の一点張り。ラチがあかないです。

たまに、父が飲んでいるのと向かい合わせで、夕食を食べることもあるが、全然飲みたいとは思いませんね。

そう、全然ね!!

これって、レグテクトの効果なのかなぁ!

であったら、この薬すごいなぁ!

それと、後述しますが、ネット碁を始めたので、夜は、囲碁仲間が対戦を待ってたり、先生の講義があったりするので、それが楽しみで、お酒どころではないのです。

「夜は、お酒が待っているではなく、ネット碁が待っている」が今の私の生活なのです。

今まで、仕事が終わってから、今日も頑張ったし飲もう。

うまい酒を飲みたいから、日中仕事頑張るみたいな。

そんな、悪循環とおさらばしようよ。

まず、アルコール依存症だと思い、本当に断酒したい方は(本気で思っている方はですよ)、かなり最初は抵抗があるかもしれませんが、この際、年末年始、思いっきり人生最後のお酒を悔いなくたらふく飲んで、年明けに、精神科受診をオススメします。

心療内科じゃなく、できれば、アルコール専門医のいるクリニックとか大病院の精神科です。

本当に断酒したい人だけですよ。

下記、動画(3分位で終わりますので)を見てください。

 

youtu.be

 

どうでしたか、そうです。

アルコール依存症の治療に必要なことは、「否認」から「受容」への転換です。

自分がアルコール依存症であることを素直に認めて、精神科に定期的に受診して薬を処方してもらうことです。

ちなみに、この動画の中で紹介されている本も読みましたが、大変参考になりました。

今まで、上司から、お客様から怒られてストレスを感じてお酒に逃げていた人、ストレスをリラックスできる薬を処方してもらうのです。

不安で、夜、なかなか寝付けないのでお酒飲んでいた人。

睡眠薬を処方してもらうのです。

先ほどのレグテクトの処方も精神科でしてもらうのです。

とにかく、お酒を飲む前に、風呂入って、早く寝るのが一番です。

起きていると飲みたくなります。

早く寝ると、太るって?

太っていた方が精神的に安定します。(ちょっと動画は趣旨が違いますが)

これも下記動画を見てください。是非。

(ただし、本気でお酒をやめたい方のみです)

 

youtu.be

 

アルコール依存症の方は、他の精神障害が併発しているケースがあります。

私も、双極性障害とまではいきませんが、躁うつ気味と診断され、少々薬を飲んでいて、体重の増減の落差がすごいです。

好調期と不調期があるのです。

でも、この動画の通り、今、私は太っていますが、精神的にはすごく安定してます。

なので、こうしてブログを書く気にもなったのだと思います。

是非、2017年は、脱原発ではなく、脱アルコールでいかれてはいかがでしょうか?

私からのささやかな提案です。

勇気を出して精神科受診をオススメします。

ちなみに、アルコール依存症の平均死亡年齢は52歳です。

よく、肝に命じてくださいよ!!

Good Luck!!

それで、もう一つ、今となっては(つい最近からではあるが)、私の断酒を支えているのが、前述のネット碁なのです。

今まで、夕食時に晩酌を延々と2時間も3時間もしたこともあったが、お酒をやめるとその時間が手持ち無沙汰になる。

この空白時間を埋めることが必要になる。

・早く寝る(難しい?・けど睡眠薬飲めばなんとかなる)

・ジムの会員になり運動で汗を流す(健康的だし、会費も酒代を考えれば安いもの)

・本を読む(酒も飲みそう)

・テレビを見る(私は囲碁フォーカスか真田丸かニュースしか興味がないが、酒も飲みそう)

・ネットでゲーム(これがいいかも!囲碁でも将棋でもオセロでも)

・ネットでなくてのプレステでも?(ちょっと子供っぽいのはやめようよ)

実は、私はテレビは大相撲以外(ちなみに音声はラジオで聞いている)ほとんど見ないのだが、今年、真田丸を見て、草刈正雄さん演じる真田昌幸囲碁をしている場面を見て、単純に、「囲碁って戦略・戦術を考えて、まるで戦みたいでかっこいいい!」と思い

2月頃にちょこっとルールだけ覚え、ネット碁の最大級サイト「パンダネット」へ無料会員登録して,少しばかり打って見たが、手筋や詰碁や死活などを勉強しておらず、連戦連敗。

1週間も経たぬうちに、嫌になりやめてしまった。

その後色々試しては見たが、ツイッターの仲間の一人からヒントをいただき、本腰を入れたのが、11月。

まずは、基本の本を買って読んだ。

 

f:id:taachan_043078:20161210065319j:plain

 

それから、とりあえず、無料のアプリ「囲碁クエスト」をインストール。

ます、9路盤から始めた。100局打った。

 

f:id:taachan_043078:20161210065752j:plain

 

おかげで、一応11級には、なったが...

 

f:id:taachan_043078:20161210065910j:plain

 

この先、どうしようか?

また、「パンダネット」でやろうか?とも考えていた。

あのサイトは、世界中の仲間と対局できるのが売りで、24時間できる。

しかし、重大な事実に気づくことになる。

なんと、Macには対応してないのだ。

さらに調べていくと、ほとんどのネット碁Macに対応していない。

そんな中、探しに探しまくり、やっと辿り着いたサイト、それが「石音」だった。

会員数約400名という、こじんまりとしたサイト。

とりあえず、無料お試し会員登録をして見ることに。

 

f:id:taachan_043078:20161210070516j:plain

 

結論から申し上げますと、12月1日に有料会員登録しました。

無料会員登録から1週間以内かつ決済方法がクレジットカードの場合のみ、入会金の2160円が免除されます、つまり無料です。

匿名会員登録(パンダネットもそう)がほとんどの中、この「石音」は非常にアットホームであり、実名公開・顔写真公開なのです。

会員同士メッシージのやり取りもできますし、過去の対戦の棋譜も全部残ります。

始めは、13路でやっていたのですが、12月からは思い切って19路へ挑戦しています。

実績がないので、ドンケツの25級からのスタートです。

11月末に無料会員登録した初日に、いきなり初段の方から、「良かったら対局しませんか?」と優しいお声をかけていただき、「石音」でのデビュー戦は、なんと初段との対戦でした。

もちろん、結果は、案の定、べた負けでしたが、終局して「ありがとうございました」と言って、退室しようとすると、相手のSさんは、「じゃあ、今から検討を始めましょう!」と言って、講義が始まるのです。

「へぇ!こうやって教えてもくれるんだ。パンダネットとは一味違うな!」

感心することしきり。いい勉強になりました。

次の相手は、「ぇぇっ!六段?勘弁してよ!」そんな一日でした。

でも、そんな初段のSさんとも親しくもなり、ほぼ毎日鍛えてもらっています。

(棋力上がるかな)

それと、段位者(インストラクター)との対局&指導(講義のみの講座もあり)の無料レッスン(約40分)が月10回まで無料で受けられるのが、最大のおすすめポイントですね。

強い相手からも教えてもらえる。無料レッスンが受けられる。

実名サイトだからこそ生まれる(顔も写真でわかる)親近感。

月会費は、2484円(税込)です。

先ほど紹介した、依田紀基先生の本を一冊読んで、囲碁クエストで9路盤を少し打ってみて、「囲碁って面白そう」と思われた方は、ぜひ無料会員登録してみてください。

対局場でお待ちしています。

無料レッスンが10回ですね。会費2484円➗10回=248円(1回あたりのレッスン代)

248円で、40分対局&指導が受けられるのですよ。

タバコ1箱分にも満たないし、缶ビール500ml代にも満たないお金で。

私は、この「石音」とのおかげで、今後きっぱりとお酒をやめれる自信がつきました。

まさか、ビール飲みながら、初段の方と碁を打つわけにはいかない。

勝負は真剣ですから。

そもそも、酒を飲むより、対局が待ち遠しい夜長なのです。

こうなれば、しめたもの、こちらの勝ち!

もう、私の人生にお酒の出番なぞ一生ないでしょう!(断言できるか?)

私は、2017年を「囲碁元年」にしたいと思います。

人様に、自分の趣味を押し付ける気持ちは毛頭ありませんんが、囲碁は断酒には役立つ強力なツールには間違えないので、オススメはします。

どうか、あなたも、2017年は、精神科通院と囲碁を始めませんか?

今、当初お見せした写真とは違って、一時的に(避難的に)、仮設本棚を置いています。

最近買った。囲碁の本です。

 

f:id:taachan_043078:20170110145909j:plain

 

 

特に、 Sさんに薦められて買った、高尾紳路先生監修の「やさしい囲碁トレーニング」シリーズがおすすめです。

Macの話に戻しますが、私は毎日(土・日は除く)これらの本のうち、6冊を各30分づつ勉強しているので、それのチェック表をパソコンで管理しています。

Numbersのアプリを使うのですが、icloudで保存しているので、iPhoneでも見たり、チェックを入れたりできます(まさにここがシームレスなのですね)。

 

f:id:taachan_043078:20161210075653j:plain

 

また、同じくNumbersで棋譜を作るテストをしましたが、星はうまく表示させられないものの下記の通り無事作成できました(見にくくてすいません)。 

 

f:id:taachan_043078:20161220052454j:plain

 

 

今や、iMacがあれば向かうところ敵なしと言った感じですね。

本当、2ヶ月使いましたが、GarageBand(休眠中)といえ、いろいろな可能性を秘めた素晴らしいパソコンです。

それと無駄がない。余計なものが一切ない。

それと、これはiPhone&iMac両方に言えますが、セキュリティーがしっかりしているのでソフトを入れる必要がないということもいいですし、iMacに至っては、マイク・カメラ・スピーカーが内蔵されているので(Windowsパソコンの時は全部外付けを別途購入して取り付けた)、見た目も非常にスマートですし、さらには、コード類も電源コードのみなので、スッキリしています。

私にとっては、まさに革命的出来事です。

決して大げさなことじゃありません。

自信を持って言います。

今年、2016年。購入して一番良かったもの。iPhone&iMac.

それで、ここからが、今日の最大の肝になります。

最大限、皆様にとって得する話。

ただし、用途は限定されます。

まず、Windowsをお使いの方。これより以降は、Macのパソコンを使用しているユーザーのみ限定の用途ですので、この先はお読みなるのは、はっきり言って時間の無駄ですが、以下をお読みいただくことにより、「へぇ!Macって、こんなことまでできるのか!今度は、Macのパソコン是非買おう♬」の動機づけになるかもしれないので、好奇心旺盛な方は、お好きなように。お任せします。

次に、限られた用途での使用であること。

今回は、ネット碁サイト「石音」での使用を想定しての話になります。あくまでも。

他に応用できるかは、当方は、一切関知しませんので、あしからず。

実は、先ほど、初段 Sさんの局後検討や無料レッスンは、画面を見ながら(ある時は実際打った棋譜に基づいた画面。またある時は、仮にこのように打ったらどうかという検討画面)行うのですが、会話は、チャット形式です。

結構、進むテンポが早く、盤面に集中していると、チャットを見逃したりストレスがありました。

先ほど、全対戦の棋譜は残ると言いましたよね。

けど、肝心要の指導内容の先生のチャットは記録できません。

そう、復習ができないのです。おまけに、うっかり見逃すこともある。

どうしたもんじょろのう!

思案の末、あることを思いつきました。

パソコンのモニター画面の表示の静止画をそっくりそのまま写真に撮ることができる、スクリーンショットがある。

なので、モニターの動画の撮影方法も必ずあるはずだ。

色々、考えた挙句、アップルケアさんに相談しました。

すると、うまい解決方法を教えてくれました。

結論から申し上げます。

バッチリです。

見逃したところ、巻き戻しも一時停止もできます。

指導内容の復習に大変役立っています。

「石音」とMacのアプリ「Quick Time Player」があれば、囲碁の勉強はバッチリです。

これで、精神科へ受診して、睡眠薬とレグテクトを処方してもらえば、あなたが本気で断酒したいのであれば、来年こそは、その夢は必ず叶います。

隙間時間を埋めるのにも、ネット碁をおすすめします。

一緒に始めませんか!さあ、勇気を出して!さあっ!さっ!

 

f:id:taachan_043078:20161210083502j:plain

 

さて、お待たせしました。

モニター画面の動画の録り方なのですが、当初、iPhoneで後方からビデオを録ろうかと本気で思っていましたね。

しかし、これは、いかにも原始的すぎるので...

「Quick Time Player」というソフトを使用します。

上記の写真はiMacの画面ですが(小さくてすいませんが)下部に25個アイコンが並んでいます。

これらをdockと言います。

dockの左から2番目の「Launchpad」の中から、「Quick Time Player」を探して、dockのどこか適当な位置にドラッグ&ドロップします。

「石音」での講義が始まりますと、「石音」の盤面図の右上の設定をクリックして「着手順表」をクリックして、チェックを入れます。

これにより、石が何手目かがわかります。

画面もこの際、見やすいように最大化しておきましょう。

今のは、「石音」サイトの話です。

 録画を始める時は、マウスの矢印を下部の画面のちょっと外に出すと、dockが現れます。

そこで、「Quick Time Player」をクリックして起動させます。

 

f:id:taachan_043078:20161210085721j:plain

 

これも、見にくいのですが、dockのアイコン、右から7番目にQの黒い文字(背景色青)のアイコンがありますね。これが、まさに、「Quick Time Player」です。

起動したら、上部のメニューバーの(上部写真では青くなっている部分)ファイル→

新規画面収録を選びます。

すると、

 

f:id:taachan_043078:20161210090533j:plain

 

左上に赤丸の録画ボタンが出てきますので、そのボタンを押すと録画開始です。

 

止める時は、

 

f:id:taachan_043078:20161210090726j:plain

 

上記写真では、見にくいとは思いますが、右上部のアイコン(日付や時間が表示されているところ)の一番左の黒丸を押すと録画完了です。

保存は、ファイル→保存(初心者はわかりやすいように保存先をデスクトップにするのがおすすめ)でもいいですし、黒丸を押した後、左上の赤い❌で閉じようとした際、保存しますかと、聞いてきますので、名前を変更(名前をつけて)して、閉じれば、保管できます。

始めだけはファイル→保存(初心者はわかりやすいように保存先をデスクトップにするのがおすすめ)がいいでしょう。

これで、充実した囲碁ライフが送れます。

私も前回のブログで書きましたよう、禁煙もしました。

禁煙&断酒で、月2484円(厳密には碁盤(マグネットの)や囲碁本の出費もありましたが)は、毎日のタバコ代・晩酌代に比べたらお安いものですよ。

 

f:id:taachan_043078:20161210100248j:plain

 

それと、「石音」は顔が見える・ランクがわかるので、目標というか、「みておれ、いつか、追い抜いてやる!」という闘志も湧いてくる不思議なサイトです。

もはや、今の私にとって、お酒以上の、興奮、ワクワク感です。

これをお読みいただいた方、ぜひ次はMacをおすすめします。

なんでもこなします。期待を裏切りませんよ!

どうでしたか?

なんどかスリップした方へ

まだ、節酒なら?とお考えならダメです。断言できます。

ノンアルコールビールなら?ダメです。結局、本当のビールに手を出します。必ず!

厳しい言い方ですが、先ほどから書いてますし、今一度、樺沢先生の動画をご覧ください。(できれば、私のブログも再読いただきたい)

「否認」から「受容」に至って、精神科へ受診するほど、真剣に取り組まないと、長生きできませんぞ!

先ほど、書きましたが、これからの忘年会・クリスマス・正月・新年会、人生最後の酒をたらふく飲めるのだから。

もう飲むことはないのだから、大奮発して、例えば日本酒ならば大吟醸を飲みましょう。悔いのないよう。

二日酔いでも三日酔いでもいいでしょう。

ただし、年が明けて、精神科受診の2017年1月X日。

そう、精神科受診のXデー(気持ちを固めるためにも年内予約を強くお薦めします)を決めておくのです。

その日からは、生涯断酒です。

もちろん、最初はスリップするかもしれません。

けど、その際も連続飲酒をしないで、すぐに精神科へ受診するのです。

後、思い出しました。

私も、一時期飲んでいましたが、レグテクトは、アルコールが飲みたい欲求をなくす薬ですが、シアナマイドノックビンという薬があります。

これらを飲んだら、お酒が弱い人みたいになるのです。

つまり、少しでもお酒を飲むと気分が悪くなるので、それ以上お酒が飲みたくなくなり、その結果、断酒できるというものです。

この2種類を併用すればベストかなと思われます。

ブログを読まれたお方。

何かのご縁だと思い、断酒について考えてみる時期がそろそろきているのでは?

今日はこの辺で!

長文失礼しました。ありがとうございました。

 

余談ながら

 

私は、囲碁四段ではありません(爆)。