たああちゃん日記

断酒記録とダイエット記録等!!

緊急速報 本日、臨時に大病院精神科外来へ行った!

本日、未明にブログを更新したばかりですが、今日のその後から午後2時までの顛末を速報として、皆様にご報告させていただきます。

 

ブログを書き終えて、ツイッターをしていたら、Kさんから「抗酒剤試してみたら?」という軽い提案がきたので、私は、彼女に「次回の外来時に先生に聞いてみるわ」と返事をした。

抗酒剤かぁ!そういえば今の大病院精神科へ転院する前は、心療内科クリニックに通院していて、確か2006年頃、シアナマイドを半年くらい服用していた時期があったなと思い出していました。

次の外来は15日(毎週火曜日)なので、その時、シアナマイドノックビンについて聞いてみようと思っていた。

実は、今日病院へ行こうと決めたのは、些細なことだったのです。

朝ごはん(シリアル・牛乳・バナナ)を食べて、薬を飲んで、新聞をテーブルへ広げて読んでいて、ちょっと、お茶を飲もうとして、席を立った隙に、父が新聞を取り上げて読んでいる。

心の中で、「新聞を広げておいてあるということは、まだ新聞を読んでいる最中だということじゃないか?勝手に取り上げるよな!」と急に腹が立ち、イライラした。

これは、火曜日に処方が変わってから、イライラ感も増えてきていた矢先である。

口論をしようと思ったが、これなら先生に相談した方がいいかなぁと思って、ふと時計を見たら朝の6時40分。丁度いい。

今からいけば、午前9時には診てもらえると思い、父に口論じゃなく、「悪いけど、調子が悪いので病院まで送ってくれないか?」とお願いした。

7時前に、無事大病院へ到着。

8日に飲んだことが、相当自責の念にかられ、自分の心を痛めていた。

9日は一日中、ふさぎこんでいた。

それと、もしかしたら、また再飲酒するかもと思うとどうして良いやらわからなくなってしまった。

精神科の先生に言った言葉は、「おはようございます。今日は臨時で失礼します。

実は8日の日、飲んでしまって、その後も再飲酒するかもしれない思いが強く、今、自分がコントロールできない状態に陥ったことと、妙にイライラ感が強くなったので来ました。」と言った。

先生にアルコール依存症デイケアへ行った方がいいのでしょうか?抗酒剤は?と質問しました。

デイケアは、あなたには薦められないわ」と言われて、「何もすることがなければ行ってもいいけど、自分でしたいことあるんでしょ?」と聞かれた。

返事はしなかったけど、読書や囲碁ガレージバンドをしたり音楽を聴いたりツイッターをしたり、やる気にはムラがあるが、自分自身の時間を大切にしたい私は否定しなかった。

次に、抗酒剤について聞いてみた。

実は転院前のクリニックで、2006年頃、シアナマイドを飲んでいたのですが、これとかノックビンの活用は効果的でしょうか?と。

先生はしばらく考えていて、「それじゃぁ、以前はなかった薬で、今までの抗酒剤は、お酒を飲むと気分が悪くなるものだったけど、今日出す薬は、レグテクトと言って、比較的新しい薬(後で調べると、2013年5月27日発売)で、お酒そのものが飲みたく無くなる画期的な薬よ!」と言われた。

付け加えて、「この薬は副作用が少ないので、他の抗酒剤との併用も可能だわ!」と言われました。

「ただし、使用できる期間は6ヶ月間だけよ!」とも言われた。

レグテクト...検索すれば出て来ますが、参考にURL貼り付けます。

 


最長、109日目にしてスリップ。その後も数回スリップした。

膵臓の病気も抱えていて、断酒は健康上からも必須条件。

ツイッターだけでは、断酒は難しかった。(結果論だけどね)

それで、本日、お昼より、最新兵器「レグテクト」を!!

早速、昼食後飲んだ。

錠剤が特大(333mg)で、飲んだという感じがする。

強力な助っ人がついて、今、甘いお菓子も食べ、精神状態はすごく安定している。

今夜はぐっすり眠れそうだ。久々にぐっすりと!!

とにかく、今夜が断酒2日目の夜になるわけです。

このまま、この薬をフルに活用して、まずは、180日間の断酒を目指します。

手応え?まだ、正直わかりませんが、私の人生を必ずや良い方向に導きいただけるものと確信しております。

「信ずるものは、救われる!」ってか?

 

(完)