たああちゃん日記

断酒記録とダイエット記録等!!

iPhoneの格安運用の秘訣ーその1

この度、2年間のスマホ無しの生活から、脱却して、スマホを持つことにした。理由はツイッターを始め、フェイスブックメッセンジャー・ライン・インスタグラム・スカイプといわゆるSNS系を使用したかったからである。

ただ他の人とは、違うところがある。

相手は日本人ではなく、世界中の人と繋がりたかったある。

なので、複数のアカウントが持てる、ツイッターは、日本語用と英語用の2つのアカウントを持っていますが、他のSNSはみんな英語である。

ラインはさすがに若干の日本人はいますが、相手のほとんどが外国人です。

iPhoneを購入してよかったことは、いくつもあるが、カメラの性能がいいことはもちろんのことに加えて、世界時計が使えることである。

iPhoneの購入動機は、昨日までの3回にわたる連載のブログを参考にして下さい)

外国人とやりとりをする場合の一番の悩みは、時差である。

寝不足気味に毎日なることだ。

それと、相手の現地時間を確認しなければならないことだ。

ところが、この世界時計は現地時間が表示出来るので、私には、非常に役立っている。

今年の7月にこのiPhoneを出来るだけ安く維持するため、さまざまな調査に奮闘した。

結果的に選んだのは、格安SIMである。

以下の内容は、私の使用形態に応じてセレクトしたものであり、すべての人に該当するような方法ではないので、その辺は割り引いて、読んでいただけば、ありがたい。

格安SIMを調べてみると、端末込みで安いFREETELが候補として、一番先に浮上した。

しかし、よくよく調べていると、ここの端末は、ベンチマークの結果が、iPhone6Sの半分以下の数値であり、これはiPhoneを買うしかないと思った。

それに、携帯に楽な4インチの画面が欲しかったので、iPhoneSEを選ぶことにした。

性能はiPhone6Sと同じである。

(機能は少し違うが)

当初は、iPhone5Sヤフオクで買おうと思ったが、性能が半分なので(2年前機種だか、最新のFREETELの機種よりも少しベンチマークの結果が、いいのでまだまだ現役で使える)、落下や水没に備え、2年間のサポートが欲しかったので、アップルケア+に加入できる、しかも性能が2倍、グラフィック性能が3倍の、SEを手に入ることにした。

iPhoneSEは、16GBと64GBがあるが価格の差は約13000円。

ネットの記事を調べてみると、この13000円はケチらない方がいいとのこと。大は小を兼ねるというので、ここは64GBの方を選ぶことにした。

もちろん、前述のアップルケア+(13824円)にも加入することにした。

アップルストアでは、iPhoneSEの本体価格は、64584円。

しかも、24回払までは、分割手数料は、0円(金利0%)。

24回払にして、月々約2700円。

これに格安SIMを選べば安く運用出来るのでは?と思った。

かくして、格安SIM選びが始まるのである。

(続く)