読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たああちゃん日記

断酒記録とダイエット記録等!!

一日一食59日目ー無添加生活その6

 私の父は、「大腸がん」であった。

一昨日、昨日と、大病院で検査をして、ついに明日入院することになった。

私は、睡眠障害アルコール依存症で大病院へ通院しているが、奇しくも同じ病院となった。

この病院は、私も何度か入院をしていて、状況も分かっているので安心である。

ところで、「がん」であるが、今や、国民の2人に1とも3人に1人がかかるとも言われている。

以前、あなたに、「体温測っていますか?」と問題提起したことがありますよね。

体温が0.5度下がると免疫力は35%低下すると言われています。

また、最近の研究では、がん細胞は体温が35度台の時にもっとも活性化することが報告されているとのことです。

さて、昨日、父の病院の帰りに、久々に牛丼を食べました。

肉を食べるなんて久しぶりです。

多分、食品添加物がたくさん入っている(外食産業はみんなそう)んだなぁと思いつつ、「たまには、いいかぁ」と思いながら、食べた。

高齢の父も「アタマの大盛り」を見事完食した。

そう、たまには、食べてもいいのだ。

今の時代、完全に食品添加物を排除するのは不可能に近いから...

 

f:id:taachan_043078:20170322214256j:plain

 

父の入院期間は、今現在、わかりません。

いずれ担当医から説明があると思いますし、いずれは、手術になるはずです。

これから、自活・自炊をしていかなければなりません(今まで父任せだった)。

その意味でも、今回、「オールパン」を購入して、温野菜生活を始めたのは、大正解と言わざるを得ません。非常にタイムリーでした。

無農薬・化学肥料不使用の野菜の使用、しかもお湯でゆでるのではなく(捨てるゆで水に栄養が)、昨日の「オールパン」の 動画の通り、栄養を鍋に封じ込めますので、本当に美味しくいただけます。

さて、先週の土曜日に、初めて(野菜の量が分からなかったので)、試しに、無農薬野菜1000円セットを購入しましたが、野菜の在庫がなくなってきました。

なので、今日、きのこ類のエリンギ・まいたけ・ぶなしめじをスーパーで買ってきました。

今日の夕食は、昨日の話の続きじゃないですが、「まごはやさしい」を全部食べましたよ!

 

今日の夕食

は、まめ(豆類)       豆腐の味噌汁

は、ごま           玄米にごま塩

は、わ(は)わかめ(海藻類) わかめの味噌汁

は、野菜           温野菜

は、魚            キハダまぐろ刺身

は、しいたけ(きのこ類)   エリンギ・まいたけ・ぶなしめじ 

は、いも(芋類)       じゃがいも

 

じゃがいも・かぶ(葉つき)・エリンギ・まいたけ・ぶなしめじ

 

f:id:taachan_043078:20170322222828j:plain

 

夕食

 

f:id:taachan_043078:20170322223027j:plain

 

無農薬・化学肥料不使用の野菜は美味しいです。

毎日、塩だけで味付けしています。

これだけで、十分です。

だんだん食のスタイルが確立されつつありますよ。

 

f:id:taachan_043078:20170322223307j:plain

 

ここで、また新谷弘実先生「病気にならない生き方3若返り編」から引用。

 

あなたは毎日どのくらい「水」を飲んでいますか?

ここで知っていただきたいのは、「水」と「水分」は別物だということです。

コーヒーやお茶、ジュースなどの飲み物は、「水分」を含んでいますが、「水」ではありません。

いかがですか、意外と「水」を飲んでいない人も多かったのではないでしょうか。

(中略)

基本的に、「水」以外のものは、どれほどたくさん飲んでも細胞の渇きを癒すことはできないと考えてください。

お茶やコーヒーは、たしかに多くの水分を含んでいますが、同時に多くの自然の化学物質も含んでいます。

コーヒーやお茶類、コーラなどには利尿作用のあるカフェインが含まれているので、せっかく濾過して得た水も、利尿作用によって、その多くが失われてしまうのです。

工場で作られる濃縮還元ジュースや他のジュース類は、熱処理によってエンザイムが破壊され、ビタミン等も大部分が壊されるので、健康にはほとんど役に立たない飲み物です。

(中略)

水分の摂りすぎはよくないという人がいます。たしかにコーヒーやお茶、ジュースや清涼飲料水といった「水分」の摂りすぎには注意が必要ですが、「水」であれば、腎臓機能に問題がないかぎり、飲めるだけ飲んでも問題はないと私は考えています。

 

この辺は、以前読んだ、「しょうが紅茶」提唱者の石原結實先生と真逆のことを新谷先生は言われています。

けど、水分を「しょうが紅茶」で何杯も飲んでもいいというのも、よくよく考えると、空腹時にカフェインの摂りすぎはやはりよくないと思われる。

なので、この本は今日読んだのだが、新谷先生の、紅茶を飲むなら、一日2〜3杯までにするのがいいのではと思う(今までそれ以上飲んでいた)。

また、石原結實先生は、「水毒」という概念を持ち出して、水の摂りすぎはよくないと言われるが、甲田光雄先生も新谷弘美先生も水はたくさん飲んでもいいと。

私もこちらを支持したいと思う。

石原先生は、サウナから上がっても、無理に水を飲むことはないとまで言われている。

これは、暴挙に近いのではと思ってきた。

石原先生の素晴らしいのは、スイスの病院を視察した時に、持ち帰った、「にんじんリンゴジュース」の療法です。

毎日、朝食がわりにこれを飲み、小腹が空いたら何か果物を!

朝から、ビタミン・ミネラルをしっかりチャージできます。

この本によると、作り置きの料理は酸化が進むので、そんなものを食べていると老化を進めてしまうとのこと。

以前読んだ、アーユルヴェーダの本にも同じようなことが書いてあったな。

作り置きは今後やめることにしよう。

今後は、できるだけ出来立てを食べることにしよう。

せっかく、この本を読んで学んだんだから。

ちなみに「動物食(とくに肉類)」も老化を促進させる食べ物らしい。

今日のニュースで、ブラジルからの輸入豚・鶏肉の腐ったものを発ガン性物質を混入させて日本に輸出されてきたというニュースがあった。

検査当局を賄賂で買収して、検査を逃れたと言うのだが....

食の安全は、自らが守らなければならない。

先ほどの新谷先生の「水」に関する補足ですが....

水の充分な摂取は、胃腸の流れを整え、毒素の排泄をスムーズにするので、腸内細菌のバランスを整え、エンザイムの生成にも貢献します。

もちろん、この水は、浄水器を通したきれいな水です。

私も浄水器を買いました。(ペットボトルを買うよりも安いので

 

f:id:taachan_043078:20170322232407j:plain

 

f:id:taachan_043078:20170322232539j:plain

 

明日は、長い一日になりそうです。

お昼は、父と入院前に昼食にラーメンを食べることにしました。

明日は、自炊しないかも?

お鮨でも食べる!?

それでは....

 

参考図書

・病気にならない生き方 3若返り編     新谷弘実   サンマーク出版

・ゼロから始める玄米生活

副題:高取保育園の食育実践レシピ集          西日本新聞社

・断食博士の「西式健康法」入門   甲田光雄    三五館

 

(完)

 

 

 

  

一日一食58日目ー無添加生活その5

無添加生活も順調に進んでいます。

「ゼロから始める玄米生活2 おかず編 副題:高取保育園の食育実践レシピ集」(超おすすめです)の冒頭に、この「まごはやさしい」食材で」料理を作ることから暮らしを始めて見ませんか。とある。

は、まめ(豆類)

は、ごま

は、わ(は)かめ(海藻類)

は、野菜

は、魚

は、しいたけ(きのこ類)

は、いも(芋類)

昨日の夕食は、

まは、豆腐(大豆)の味噌汁。

ごは、玄米にごま塩をかけました。

はは、ワカメの味噌汁。

やは、無農薬・化学肥料肥料不使用の野菜をたっぷりと食べました。

さは、魚を食べました。

しは、残念ながら昨日は食べれませんでした。

いは、サツマイモを食べました。

ほぼ理想食でした。

昨日は、玄米を炊きました。

伊賀焼土鍋「かまどさん」で、玄米1.5合と雑穀米(七福米)大さじ3杯を12時間寝かせたものを使います。

 

f:id:taachan_043078:20170321030943j:plain

 

炊き上がりです。うまくできました。

 

f:id:taachan_043078:20170321031034j:plain

 

炊き上がった玄米は、5等分(1食あたり約110g)して、ジップロックに入れ、冷凍します。

 

f:id:taachan_043078:20170321033627j:plain

 

玄米を炊いている間、下ごしらえのワカメと浄水器C1です。

 

f:id:taachan_043078:20170321031158j:plain

 

昨日の夕食も変わり映えがしませんが、私は食品添加物がたくさん入った食べ物を食べるよりも、こちらの食事の方が断然いいです。

無農薬野菜・化学肥料不使用です。

心が満たされます。体が喜びます。

 

f:id:taachan_043078:20170321033722j:plain

 

昼食(地元、石川県金沢市の「五郎島金時のサツマイモです」)

 

 

f:id:taachan_043078:20170321033852j:plain

 

夕食

 

魚は、丸干しイワシです。

もちろん、頭ごと食べますよ。

 

f:id:taachan_043078:20170321034028j:plain

 

玄米(ごま塩)+雑穀米・温野菜(ほうれん草・ブロッコリー・にんじん)・ぬか漬け(かぶ)

 

f:id:taachan_043078:20170321034114j:plain

 

キムチ・らっきょう・干しイワシ・味噌汁(豆腐・ワカメ)

 

f:id:taachan_043078:20170321034149j:plain

 

今日も、サツマイモも野菜も一緒に「オールパン」で調理したのですが、参考になる「オールパン」の動画がありますので、よろしければみてくれたら、大変嬉しいです。

私は、10年以上、購入をためらっていましたが、今回温野菜をするということで、思い切って購入して大正解でした。

毎日使用して重宝しています。

 

www.asahikei.co.jp

 

どうですか?

「オールパン」ですと、ブロッコリーやほうれん草の栄養を丸ごと撮ることができる、大きなメリットがありますし、味噌汁作りと合わせても、わずか15分程度で調理できてしまうので、不器用な男性の私にも超簡単・超楽チンにできます。

 

で、楽天市場の「有機家」さんの無農薬野菜セットですが、前回は、1000円コース(送料別)を注文しましたが、キノコ類も欲しいので、少し奮発して、2000円コース(送料無料)を検討し、「有機家」さんにズバリ、メールで相談しました。

 

 

1.
2000円コース(送料無料)で週に1回(毎週金曜日)注文のペースでと考えております。

御社ホームページには、「定期で購入される場合はある程度のご要望にはお応えする事が
出来ますので、お申し付け下さい。」​

とあります。

​そこで相談なんですが、下記の条件で週1回の2000円の定期購入コースを承ることは可能でしょうか?

可能であれば、ぜひ前向きに検討したい所存です。

1.水菜・キャベツ・レタス・白菜・かいわれ大根・ねぎ・芋類・カボス・ニラ・ししとう・えのきは入れないでください

2.玉ねぎは3個までに、にんじんは3本まで入れてください(できれば毎回お願いします)。

3.できるだけ、2種類きのこ類(エリンギ・しめじ・まいたけの中から)を入れてください(できれば毎回お願いします)。

​4.毎回、極力入れてもらいたい野菜リスト

・ほうれん草または小松菜1巴以上
ブロッコリーまたはかぼちゃ(1/4)以上
・​にんじん3本
・玉ねぎ3個
・かぶまたは大根
・きのこ類2種類

夏場は、入れても可ですが、上記の野菜をできるだけ優先してください

・なす
・トマト
・スナップえんどう
・オクラ等
・セロリ
・いんげん
・きゅうり
・ピーマン

 

有機家

こんにちは。有機家です。

要望はできるだけ承りさせていただきます。

ご注文時に、ご要望は、備考欄にご記入をお願い致します。
今週金曜日3月24日発送をご希望でしたら、
お早めにご注文頂ければと思います。

お野菜の定期便5週分でホームページの載っていますのでご確認お願い致します。
10000円で2000円のお野菜5週お届けとなります。

こちらをご購入いただければ、毎週金曜日にお届けできます。
メールで定期便のお届けのお日にちは、ご案内いたします。
また、定期便が5回終了するころもメールでご案内いたしますので、ご安心ください。

定期便は毎週、同じ曜日にお客様にお届けできるように販売しているものですので、
契約ではございません。
お届けする日にちを変更したりすることもできますのでご安心ください。

商品番号n-sa-2-1
定期購入毎週お届け・旬の無農薬100%野菜セッ2000円セット×5週分(送料無料・火、金曜日発送)★送料無料★無農薬野菜

 

というわけで、思い切って下記の注文をしました。

 

item.rakuten.co.jp

 

今週の土曜日午前中着です。

多分、来週の日曜日にレポートできると思います。

どんな野菜達が来るのか、「ワクワク、ドキドキ」です。

今や、私の食事のメインは野菜といっても過言ではないでしょう。

それが無農薬・化学肥料不使用の野菜と、無添加の調味料(過去ブログ参照)で食べれるのですから、スーパーのお惣菜を食べていた食生活から、まさに180度転換しました。

残念ながら、朝の人参リンゴジュースのにんじんとリンゴは農薬・化学肥料使用ですが....

また、何かいい方法を探っていきたいと思います。

それと、現在毎日夕食前に4粒飲んでいる、「新谷酵素」ですが、以前のブログで、中止すると宣言しましたが、体の調子がいいので、継続することに決定しました。

 

f:id:taachan_043078:20170321043521j:plain

 

60日分の定期購入すれば、一日あたり100円以下のコストなので。

特に40歳以上の方にオススメです。

 

興味深い実験がありますので、ぜひご覧ください。

 

www.wellbest.jp

 

ちなみに、ちょくちょく、話が変わって、大変恐縮ですが、新谷弘実先生の著書に基づいて、「睡眠時無呼吸症候群」の症状の緩和も目指し、食後5時間は寝ないということでしたが、やはり夕食を食べると、副交感神経が優位になり、眠くなるので、食後1時間位で、最近は寝ています。

食後すぐ寝てもいいという持論を展開しているのは、南雲吉則医師で、著書「空腹」が人を健康にするにも書いてあります。

さて、新谷酵素ですが、ネット上では色々な噂もあるみたいですが、そもそもこれをダイエットに利用するのには、無理があります。

エンザイム(酵素)を補うものです。

300円でまずはお試しを!

 

ウェルベスト - 胃腸内視鏡外科医 新谷弘実博士開発 「新谷酵素」

 

yasuna-blog.com

 

昨日は、お彼岸でもあり父は、好物の桜餅を買ってきたので一緒に食べました。

成分表示を見たら、化学調味料が、やはりふんだんに入っていました。

せっかくなので、苦笑しながらも、いただきました。

 

f:id:taachan_043078:20170321043446j:plain

 

以前にも書きましたが、無農薬・化学肥料不使用の野菜は手に入れにくい、割高等あるかもしれません。

けど、あなた方が、目覚めて、脱原発ならず、脱農薬、脱化学調味料を嗜好する方が一人でも増えれば、それだけニーズが増えれば、有機栽培をする農家が増えて来るはずです。

市場原理で、必ずや価格が下がってきます。

コンビニのポテトフライ。フライドチキンなど最悪の食べ物です。

まず、油が悪いです。酸化していますよね。

このブログを読まれたあなた、ぜひ小生の過去ブログもお読みいただければ、大変嬉しいです。

この機会に、「食」について真剣に考えませんか?

特に女性の方々。

お子さんのためにも、やがて生まれて来る子供たちのためにも....

 

参考図書

・「空腹」が人を健康にする   南雲吉則   サンマーク出版

 

(完)

 

 

 

 

 

 

 

一日一食57日目ー無添加生活その4

無添加生活も、アサヒ軽金属の「オールパン」による温野菜(蒸し野菜)で、すっかり板についてきました。

昨日の夕食も無農薬野菜の温野菜をいただきましたよ。

 

玄米(ごま塩)+雑穀米・温野菜(ほうれん草・ブロッコリー・にんじん・玉ねぎ)・キムチ・ぬか漬け

 

一昨日、届いた「たね坊のぬか床」を使い、ぬか漬けが早速できましたよ。

まだ、ぬかと野菜がなじんでなく、味が薄味でしたが...

もちろん、キムチ(無添加)・玄米(いずれ無農薬に)を除いて、無農薬・化学肥料不使用です。

 

f:id:taachan_043078:20170319232148j:plain

 

カツオのたたきと里芋(無農薬・化学肥料不使用)のみそ汁

皇帝味噌(無添加)・だし(無添加

カツオのたたきのタレは、やばい(化学調味料が入っている)

 

f:id:taachan_043078:20170319232558j:plain

 

毎日、同じような食事だと思われるかもしれませんが、昨日はかぶで、今日はほうれん草。微妙に内容が変わっています。

また、魚が毎日変わるので、特に飽きるということはありません。

むしろ、今まで以上に野菜を、しかも無農薬・化学肥料不使用の野菜を皮ごと摂っていることに満足感を得ることができます。

今日も「オールパン」の登場です。(毎日登場です)

 

f:id:taachan_043078:20170319233804j:plain

 

f:id:taachan_043078:20170319233847j:plain

 

みそ汁と同時に作るので、15分位で完成。

超楽チンです!!

油も砂糖も使わない。

塩(皇帝塩)で味付けするのみです。

油がついてないので、食器の洗いも簡単というメリットも♫

それと、大切なことなので告知しておきます。

昨日、「有機家」さんの野菜は新鮮という話でしたが、我々のところへ届く頃には、3日位すでに経っていることが下記のメールのやり取りで判明しました。

これからご購入される方は、それを承知の上で、購入すべきと思います。

私は、今後もお世話になるつもりですが...

 

昨日のメールのやり取りです。

 

1.無農薬の表示があったのは、ほうれん草だけで、後の野菜には一切その表示がないのですが、間違いなく全野菜が有機肥料・無農薬の野菜なのでしょうか?

2.かぶの葉の部分が少ししおれていたり、ほうれん草の葉の端が黄色くなっていて、正直若干しおれていますが、

茨城産や千葉産で前日掘り出したものが、果たして本当に町田の本社に夕方までに集まっで詰め込み・出荷されているのでしょうか?

 

有機家

つい最近までは、町田で30年以上、無農薬で頑張って栽培していました
宮本さんの地場野菜を入れていましたが、高齢の為、続けられなくなりました。

現在は、他県からの取り寄せとなります。
ちなみに
じゃがいも・北海道
人参・千葉
玉ねぎ・北海道
小松菜・埼玉
ほうれん草・千葉
かぶ・茨城
と、なりました。

直接、農家さんとの取引はしていませんので、当店に入って来た時には2日かかっています。
有機JASマークはついていませんが、化学農薬・化学肥料不使用です。

有機JASの認定を取得するには、お金も手間(書類上の)もかかる為、
なかなか個人の農家さんがとるのは大変なようです。

 

今週の木曜日には、下記の2000円コースを注文してみたいと思います。

また、レポートしますね。

 

item.rakuten.co.jp

 

本当に、食品添加物の入ってない食事が食べられるなんて、今の世の中では奇跡に近いですよ。

けど、私は実行できています。

5月の血液検査がどういう結果になるのか?

とりあえず、「継続は力なり」ということで、続けていきたいと思います。

だんだん、「食のスタイル」が固まりつつありますよ。

それでは、今日は短めのブログにて失礼します。

 

(完)

一日一食56日目ー無添加生活その3

昨日はクロネコヤマト運輸から楽しみな荷物が2つ届きました。

これらは、これからの無添加生活におおいに寄与してくれるものと思います。

まず、一つめですが、無農薬野菜セットです。

野菜をファイトケミカルを含めて摂取したいので、皮ごと食べるので、やはり農薬が心配です。

何かいいものはないかなぁと探していたら、楽天市馬で、「有機家」さんの無農薬野菜セットを見つけたのです。

とりあえず今回は、1000円(送料別ー604円)を選んでみました。

 

item.rakuten.co.jp

 

ちなみに、私一人で食べるので、例えば、玉ねぎが2つも3つもあっても、また、ジャガイモや里芋がたくさんあってももてあますので、メールで事前に下記のようにリクエストしました。

 

じゃがいも・サツマイモ・玉ねぎは1個まで、里芋は2個までにして、それ以上は入れないでください。(一人暮らしのため)

 

で、届いたのが....

 

箱です。

 

f:id:taachan_043078:20170319015058j:plain

 

ほうれん草・ブロッコリー・かぶ3本・にんじん2本・玉ねぎ・ジャガイモ・里芋2個

 

f:id:taachan_043078:20170318233427j:plain

 

若干、かぶがしおれて?いるような気がするのですが、「有機家」さんの下記のホームページにちゃんと記載がありました。

 

item.rakuten.co.jp

 

その説明によりますと....

しおれていますが新鮮です。

見せかけの新鮮野菜もあります。

低温管理で水分を補給してやればバリバリ新鮮そうに見えます。

でも味は1日ごとに落ちてゆきます。

水分補給はしません。洗いません。

味が落ちるからです。

多少しおれていますが前日採取です。

見てくれよりも味の良さで人気のお野菜です。

傷みが酷いときはお取替えします。

とのことです。納得。

 

まあ、一人で1週間で食べきるのにちょうどいい量かも。

できればきのこ類も欲しいので、かけあってみるか?

2000円コース(送料無料)もあるので、次回こちらを注文して見たいと思う。

もし気に入れば定期購入も検討したい。

 

そして、もう一つは、ぬか漬けであります。

実は、この商品はかつて(2014〜2015年)使用していたこともあり、今回はその復活ということになります。

 

item.rakuten.co.jp

 

公式ホームページ

 

www.tanebo.com

 

冷蔵庫保管で、週1回ぬか床を混ぜるだけの(塩も補充)簡単管理です。

味も抜群!

3年前は、食品添加物のことなど全然気にしていませんでしたが...

35年物の熟成ぬか  国産原料100%

原料

米ぬか(秋田県大潟村産有機栽培、その他減農薬)天然塩(瀬戸内)
にんにく(青森産・有機栽培)、生姜(高知産・有機栽培)
日高昆布(北海道産)鷹の爪(茨城産・有機栽培)、椎茸(埼玉産・原木栽培)
酵母

 

さらにだめ押しで、念のため、メールで確認もしました。

 

1.材料は、すべて無添加でしょうか?化学調味料は一切入ってないのでしょうか?

2.酸味調整入りぬかもすべて無添加でしょうか?化学調味料は一切入ってないのでしょうか?

3.塩は天然塩ということですが、製法はわかりますでしょうか?天日干しでしょうか?

4.砂糖は入っていますでしょうか?入っているとしたら白砂糖でしょうか?どのくらい入っていますでしょうか?

 

たね坊のぬか床

1.材料はすべて無添加無農薬、化学調味料は一切入っておりません。

2.酸味調整煎りぬかもすべて無添加無農薬、化学調味料は一切入っておりません。

3.お塩は、天然塩で天日干しです。

4.砂糖は一切使用しておりません。

 

完全に無添加です。あっぱれ。これに無添加野菜を漬ければ、まさに完璧!

キムチのほし山さんは、おそらく白菜が、無農薬ではないと思うので、やはりこちらが大正解だった。

 

箱で届きましたよ。

 

f:id:taachan_043078:20170318234522j:plain

 

f:id:taachan_043078:20170319003042j:plain

 

早速、無添加野菜の届いたばかりのかぶを昨日漬けましたよ。

今日、食べるのが楽しみ。

 

f:id:taachan_043078:20170319003429j:plain

 

昨日は、豆腐のみそ汁。

具はトップバリュー(イオン)のオーガニック豆腐を使いました。

 

f:id:taachan_043078:20170319003619j:plain

 

温野菜もかぶにすることに。

 

f:id:taachan_043078:20170319003809j:plain

 

オールパン登場。(毎日登場です)

温野菜と味噌汁を同時に作るので、調理時間は30分もかからない。

超楽チン!

今日も「オールパン」の登場です。

 

f:id:taachan_043078:20170319004014j:plain

 

15分後

できました。

今日も野菜たっぷりです!!

 

f:id:taachan_043078:20170319004105j:plain

 

今日の夕食

 

サーモン刺・玄米+雑穀米(ごま塩)・皇帝醤油(無添加

 

f:id:taachan_043078:20170319004302j:plain

 

温野菜(無農薬)・キムチ(無添加)・らっきょう・豆腐(有機栽培)のみそ汁

皇帝味噌(無添加)・だし(無添加

 

f:id:taachan_043078:20170319004426j:plain

 

昨日の夕食の点数は、90点以上だと思います。

ほぼ、理想的な食事です。

このような食事をしていれば、ガンにもアトピーにも(自分のお子さん)かからないのではないのでしょうか?

我が道を行きます。

Going my way!

今回の食事のヒントをくれたのが、内視鏡の第一人者、新谷弘美先生とその奥様、新谷尚子さんの共著である、「病気にならないレシピ集」です。

少し紹介したいと思います。

78ページに

フレッシュな生野菜からはエンザイムを摂れますが、生野菜ばかりでは飽きますし、たくさんは食べられません。また生ではかたい野菜もあります。

そんなときの野菜の調理方法でおすすめしたいのが、短時間スチームする、蒸しゆで野菜です。わが家では多層鍋に水を1センチほど入れて沸騰させ、自然塩も少しいれてタイマーをセット。かたい野菜から順に、やわらかい野菜は最後に入れてふたをし、合計で 1〜4分加熱します。

 

これをヒントに、私は、蒸し野菜ができる、アサヒ軽金属の「オールパン」を購入したのです。それで毎日、化学調味料(白砂糖や食品添加物)が入っている、お惣菜をやめて、温野菜にシフトしたのです。

塩は天日干しの天然塩。皇帝塩を使っています。

また、54ページには

ぬか漬けは日本が誇る発酵食品です。ぬか漬けをおすすめすると、必ず「塩分は大丈夫でしょうか」と質問されます。なぜなら現代の栄養学では、塩は高血圧などを招く健康の大敵とされているからです。しかし、それは精製された食塩を摂った場合で、自然塩には、海のミネラルがバランスよく含まれていてあまり心配することはありません。

こうした塩で漬けたものには有益な乳酸菌(※1)が生まれます。日本人は昔から植物由来の発酵食品をいろいろと食べることで、エンザイムを補給してきたのです。

 

※1 乳酸菌:乳酸菌は、発酵することによって乳酸を産出する嫌気性の細菌の総称。ぬか漬けなど植物由来の発酵食品、なれ寿司などの米由来の発酵食品などに存在し、味や香りの変化や保存に役立っている。人間の消化器官にも常在し、腸内の善玉菌とされる。

これをヒントにして、ぬか漬けをつけてみることにしたのです。

無農薬野菜も、夏季にはきゅうりのぬか漬けが食べれるのでは?と勝手に想像しています。

まあ、何度も申し上げますが、こうやって、体をいたわるような、体に優しい食事をしていると、体も喜びますし、精神的にすごく満たされます。

毎日、ぐっすりと眠れます。

まだまだ、道半ば!

試行錯誤、手探り状態ですが、いろいろ試しながら、自分なりの新しい「食のスタイル」を確立できればなぁと思います。

 

今日の夕食何にするかなぁ?

ちなみに、一日断食、当面、とりやめるかもしれません。(無添加生活が始まったので)

それでは.....

 

参考図書

・病気にならない生き方  新谷弘美 新谷尚子   サンマーク出版

 

(完)

 

 

 

一日一食55日目ー無添加生活その2

 断酒130日目を迎えました。

最近は本を読むのが忙しくて、ツイッターからも距離を置いています。

当然これから読む本の方が圧倒的に多いのですが、今年に入りまして、健康に関する本を23冊と食に関する(無添加食品の話ですとかーブックレットを含む)本を20冊購入して、毎日、読書読書、勉強勉強、研究研究しています。

正直今は、まだ手探り状態というか、試行錯誤状態にあります。

なので、始めた習慣も、突然やめることも、当然あり得ます。

それは、よりより方法が見つかったり、よりコストパフォーマンス(一般的にコスパと言われますが)が優れたものが見つかれば、速やかにそちらに移行する、柔軟さを持って対応しています。

そんな手探り状態から、いずれは、無添加生活のパターンが定着すればいいかなぁと割とお気楽モードに考えています。

無添加生活も今日で早いもので5日目を迎えます。

そして、今日は待ち遠しいことが2つあります。

それは、後ほど。

それでは、まずは昨日の夕食です。

 

f:id:taachan_043078:20170318021248j:plain

 

玄米(ごま塩)、ブロッコリー・にんじん・ごぼう・しめじ・まいたけの温野菜、キムチ

もちろん、野菜のファイトケミカルが含まれる皮付きのにんじん・ごぼうを使用です。

(皮付きのままの調理ですと、やはり農薬が心配です。)

(玄米は、在庫がなくなり次第、無農薬に変えます。)

間違っても、ごぼうは、皮むき、アク抜きはしてません。

醤油も前回のブログで紹介した、無添加の皇帝醤油。

キムチも前回ブログで詳しく紹介をしましたが完全無添加

 

f:id:taachan_043078:20170318021905j:plain

 

納豆、みそ汁、キハダまぐろ刺

納豆の辛子・タレは添加物が入っているので廃棄。代わりに無添加の皇帝醤油。

刺身はもともと未加工なので、無添加

みそ汁のだしは、無添加のだし(前回のブログを参照されたし)使用。

味噌も無添加の、生きている皇帝味噌。

昨日の夕食は、90点の食事でした。

こんな食事をすると体が喜びますし、もう添加物がいっぱい入ったカップラーメンを食べたいとは思いません。

特に、安部司氏の「食品の裏側」の本を2冊読んで以降は。

それで、なぜ90点かというと、野菜と玄米が無農薬じゃないということです。

以前のブログで何度もご紹介しましたが、世界で最初に内視鏡の手術をした、新谷弘美先生の「病気にならない生き方 2 実践編」にも書いていますが、やはりできれば無農薬の野菜がいいと。

けど、あなたは、無農薬野菜は高くて一部の金持ちしか食べられないのでは?と反論するかもしれませんが、みんなが食の安全に目覚めて、無農薬野菜を支持すれば、市場原理で無農薬野菜を作る農家も増えるし、価格も下がるという趣旨のことが書かれています。

私は、今、目覚めました。

あなたもそちらのあなたも、目覚めませんか?

私のブログをきっかけに。

私の父もついに大腸がんが見つかりました。

多分、来月入院になると思います。

どの本か忘れましたが、国民2人に1人はがんになるという事実が書いてありました。

それも食生活に起因しているとのこと(遺伝もあるかもしれないが)。

できることから始めませんか?

新谷先生も、天然塩は多少取り過ぎても、高血圧にならないと、医者の立場から、書物で断言されていますし、私も皇帝塩を1日10g位とっていますが、高血圧にはなっていません。

まずは、体にいいしミネラルたっぷりの塩を変えることから始めませんか?

(詳しくは、前回のブログでご確認をお願いします)

一昨日の夕食もほとんど同じです。

材料を使いまわししているので(笑)。

オールパンで蒸し調理をしながら、みそ汁を作るので、料理時間も30分もかかりません。

むしろ、玄米を炊くときの方が時間がかかりますね。

さて、一昨日の夕食です。

 

f:id:taachan_043078:20170318024309j:plain

 

アサヒ軽金属の「オールパン」です。

 

f:id:taachan_043078:20170318024359j:plain

  

f:id:taachan_043078:20170318024430j:plain

 

f:id:taachan_043078:20170318024511j:plain

 

まあ、ざっとこんな具合ですよ。

ただ、この上記の写真のカジキまぐろの刺身ですが、やはり若干、化学調味料が使われていました。

これからは、昆布じめも、自家製に限りますね(できればですがーたまにしか食べないので、これはこれでよしとしよう)。

さて、前回のブログで、毎回の食卓に上がる、発酵食品であるキムチ。

再度、ご紹介します。

 

item.rakuten.co.jp

 

こちらのキムチを今回初めて注文しましたが(昨日で500g完食)、すごく美味しく、毎日食べたいくらいだが、いかんせん、コスパが悪すぎるのが、目下の悩みであったのです。

実は、ずーと悩んでいたのです。

上記の写真のキムチは、1食当たり大体80gです。

土曜日は一日断食と考えていて、週6回食べると計算すると....

80g✖️6=480g  大体週500gになるので

2週間ごとに1kgを購入することになる。

そうすると2480円

4週間で4960円になってしまう。

色々、割引クーポンの発行等もあるようですが、キムチだけに月5000円は、さすがに、ハードルが高すぎる(汗)と思っていました。

この商品は送料無料です。

こんな商品で若干節約はできますが...

 

item.rakuten.co.jp

 

キムチを切る手間はかかりますが、株漬けも売っています。

これですと4週間で2kgなので

800円✖️4=3200円 送料1000円で 合計4200円なので、760円安くなりますが

白菜は、おそらく無農薬じゃないだろうし....

結論から言いますが、キムチのリピート(リピとも言いますが)はやめました。

やはりどう考えても、あまりお財布に優しくないからです。

そう思案して、ネットをくまなく探していると、まだ手探り状態ですが、サイトを(楽天ですが)2つ見つけました。

実は、その内の1つは、過去にもその商品を使用したことがあるので、その良さはわかっているのです。

なので、あえていうなら、復活ですね!

もう一つは、今回冒険です!

もしかして、失敗かも!

いずれにしても、今日の午前中にこの2つの荷物がヤマト運輸から届けられる予定になっている。

ドキドキ感と不安感が同居している、それが今の気持ちです。

いずれにしても、無添加生活に大きく前進するためのツールと断言してもいいでしょう!!

この詳細レポートは、明日以降、アップしますので楽しみに待っててくださいね。

ネタバレになるので、あえて言いませんが、今日は一日断食はおやすみします。

あなた、野菜をもっと食べましょう。

スーパーのカット野菜やコンビニの野菜サラダの野菜の切り口が茶色くなっていないのは、相当の酸化防止剤や保存料が使われているからです。

レタスでも、ちぎって時間をおくと、切り口から茶色くなるものです。

それが、切り口が茶色くならないレタスはおかしいと思わなければならないのです。

無添加のものは見た目はあまり良くないのです。

ビジュアルをよくするために、保存料とかpH調整剤とか酸化防止剤(アスコルビン酸等)や着色料という食品添加物をバンバン使うのです。

 

参考

 

matome.naver.jp

 

この記事を読む限りは、ペットボトルのお茶や菓子パンの毎日の生活からは、どうやら脱却した方がよさような?

あなたは、そんなものを食べているのですよ。

1食食べたからといって、目くじらをたてる必要はありませんが、一説によると厚生労働省では年間4kgとも5.5kgとも言われています。

それが自分だけではなく、将来、生まれてくる子にも影響を及ぼすなんて、大変失礼な言い方でしょうけど、あなたは、微塵にも考えたことはないでしょう?

私の多少なりは知識がありましたが、今回

「食卓の裏側」シリーズ

「食品の裏側」

「ゼロから始める玄米生活」

副題:高取保育園の食育実践レシピ集(この本は超おすすめです!!二重丸)

を読んで(とは言っても、まだ読んでいる最中だが)学びましたし、確信しました。

そもそも、母乳は、母親の血液からできているのですよ。

その血液は、摂取した食品で作られるのは明白でしょう。

であれば.....

これ以上は申し上げません。

ただ、最後に、

安部司氏の

「食品の裏側」の副題は、「みんな大好きな食品添加物

「食品の裏側2実態編」の副題は、「やっぱり大好き食品添加物

と、半ば、皮肉ですよ、これは。

消費者が賢くならなければ、食の安全はますます崩壊します。

以前にも書きましたが、今日、コンビニかスーパーへ行ったら、惣菜を手に取り、裏の食品成分表のラベルをじーと見てくださいよ。

なんか感じるものがあるかもしれませんよ。

それでは。

 

参考図書

・食品の裏側           安部司      東洋経済新報社

・食品の裏側2 実態編       安部司      東洋経済新報社

・病気にならない生き方2 実践編  新谷弘美     サンマーク出版

 

(完)

 

 

 

 

一日一食52日目ーいよいよ自炊・無添加生活スタート!!

断酒127日目です。淡々と毎日過ごしています。

このブログも、リンク先の文章をスマホでは完全には読めないので、できればパソコンでリンク先を確認されることをお勧めします。

本文は、スマホで可能です。

昨日、約1ヶ月間の構想と準備で、ようやく無添加生活のスタートをとりあえず切ることができました。自炊生活のスタートです(今までは父任せ)。

とにかく、今までは、スーパーのお惣菜を食べていたので、味付けも甘いし、体に悪い白砂糖や食品添加物がたくさん入っていて、食べていて体に対していつも罪悪感があったのです。

今日は、食事が食べ終わって、本当にいいものだけを(一部例外ありー反省材料ですが)食べたので、体も久々に喜びました。

おかげで、気分もよく、昨晩はぐっすり満足に眠れました。

昨日の顛末を順を追ってお話しさせていただきます。

まず、そもそもスーパーのお惣菜ですが、今週の日曜日(断食明けの昼食)にスーパーのおからを食べました。

 

f:id:taachan_043078:20170315002734j:plain

 

一見すると、「天然だし.....」と書いてあるので飛びつきますが、裏を見ますと.....

 

f:id:taachan_043078:20170315003018j:plain

 

砂糖(白砂糖)・pH調整剤・酸化防止剤・漂白剤等の化学調味料がたくさん入っているのです。また、かなりの量の砂糖が入っていると思われます。

先日のブログにも書きましたが、まずできることから始めたいと思います。

なので、調味料を無添加にすることにしました。

まずは、味噌汁。

だしは、無添加の下記のものを使いました。

無添加だしパックです。

 

item.rakuten.co.jp

 

今までは、ヤマキの「あごだし」を使用していたので、

 

http://www.yamaki.co.jp/catalog/products/index.php?id=96

 

 

アミノ酸・食塩・ブドウ糖・風味原料・酵母エキス・たん白加水分解物が入っていましたが、「無添加だしパック」は、化学調味料アミノ酸等)・塩分・糖分・風味調味料・たん白加水分解物料は一切使用していません。

創業60年のだし専門店「マエカワテイスト」の商品です。

 

f:id:taachan_043078:20170315004727j:plain

 

食塩不使用というのもいいですね。

で、味噌は、国内産大豆・天然海水塩の皇帝塩のみを使用した完全無添加の皇帝味噌合わせを使用。

 

item.rakuten.co.jp

 

もし、こちらのサイトで売り切れの場合は、Amazonで検索するか、下記のサイトで購入できます。

 

www.1sio.jp

 

f:id:taachan_043078:20170315011709j:plain

 

皇帝味噌は、タッパーに移し替えましたよ。

 

f:id:taachan_043078:20170315005341j:plain

 

ちなみに、味噌汁を作るにあたって、みそこしを購入しました。

これが優れもので、超使いやすいです。

一応、楽天のサイトで商品紹介をしますが(レビューが多いので)、Amazonの方が安いし、おまけに送料無料です。(私はAmazonで購入しました)。

 

item.rakuten.co.jp

 

味噌汁、夕食まで待ちきれず、また1杯分だけ作るのはもったいないので、2杯分作り朝、試食しました。

 

f:id:taachan_043078:20170315005929j:plain

 

鍋に水を400〜500mlを入れ、沸騰したら中火で3〜5分煮詰めるだけ。

あとは具材を入れ、最後に味噌を入れ完成。

簡単です。私にもできました。

早速、試食です。

完全無添加です。

 

f:id:taachan_043078:20170315010234j:plain

 

だしも効いて、すごく美味しいです。

皇帝味噌も美味しいし、無添加だしも美味しいです。

本物の味というか、生まれて初めての味です。

こんなにもお味噌汁が美味しいなんて、驚きです。

もちろんお水はC1の蒸留水です。

岡崎の八丁味噌、また飛騨高山の大のや醸造赤味噌も美味しけど、それ以上に美味しいし、第一、だしが美味しい。

大のや醸造もメールで問い合わせたが、大豆はカナダ産を使用しているのだそうだ。

本当に食の安全が侵されつつある。

国内産は、ましてや無農薬は....

今まで父親任せだったが、自分で作れば間違いない。

何より無添加食品を食べていると、心が落ち着く。

「体に優しいことをしているのだなぁ」と思ってしまうのだ。

余談ながら、オールパンでのゆで卵の再挑戦。

 

f:id:taachan_043078:20170315015309j:plain

 

水を100ml入れ強火で蒸気が出始めたら、弱火にして6分(冷蔵庫からすぐ取り出した卵)、その後余熱で6分で完成。(私は、写真の通り少し半熟めが好きなので。固ゆでが好きな方は余熱10分です)

皮はうまくむけませんでしたが、下記の通り無事できました。

 

f:id:taachan_043078:20170315011547j:plain

 

前回のブログで新谷酵素をやめてキムチを食べるという話をしましたよね。

キムチも塩分が多いので、一般的には高血圧・腎臓病には悪いです。

けど、天日干しのミネラル豊富の塩は、多少多くとっても大丈夫という説もあるのです。

私は、あえて来たる大病院の5月の大病院の血液検査に向けて、塩分を一日10g位摂取

してみようと、つまりモルモットになってみたいと思います。

キムチも国産の白菜・砂糖は白砂糖不使用・塩は天日干し・化学調味料不使用という条件付きで調べて行ったら、多少高価ではありますが、下記の「キムチのほし山」にたどり着きました。

 

item.rakuten.co.jp

 

キムチを保存する瓶もこれがオススメです。

 

item.rakuten.co.jp

 

キムチを瓶に入れた写真です。(500g入りました)

 

f:id:taachan_043078:20170315015442j:plain

 

お試しセットもありますので、まずはそれからというのもアリですが、正直、ここではキムチの味は、9種類の味の中から選べますが、化学調味料・白砂糖が入っていないものは、「こってり」味のみです。(まあ、それほど神経質にならなくてもいいけどね)

 

以下は、キムチのほし山さんのメールの回答文です。

 

(1)こってりの酵母エキスも化学調味料では? どのくらいの割合で入っていますか? 以上、よろしくお願いします。

(3)こってり味についてお聞きします。 1.きび砂糖となっていますが、普通の白砂糖は不使用でしょうか? 2.アミノ酸等の使用はありますか?あればどのくらい? 3.他に化学調味料とか添加物はありますか? 4.塩はどのようなものを使っていますか?

 

キムチのほし山

(1)のご質問につきまして、酵母エキスは、うま味を刺激する物質を人工的に精製した調味料である「うま味調味料」に定義されておらず、単に「食品」という部類の扱いになります。ビール酵母などから生成されたものだそうです。
配合はキムチタレの0.001%以下になります。

(3)のご質問につきまして
1.砂糖は、きび砂糖のみで普通の白糖は使っておりません。
2.こってり味にはアミノ酸等は使用しておりません。
他のアミノ酸等が入っている商品は、必要最低限の割合(0.2%以下)で入れております。
3.昆布エキス、酵母エキスのみになります。保存料、着色料、PH調整剤等は入っておりません。
4.塩につきましては天日塩(太陽の熱で海水を蒸発させて作った塩)を使用しております。

 

上記の通りで、毎日食べても心配ないかと思います。

塩は、ホームページで、記載がありました。

沖縄の海での天日干しの塩を使用してるとのことなので、皇帝塩にも勝るとも劣らないと思われます。

こんなメールもキムチのほし山さんからありましたよ。

 

当店のご常連のお客様のお一人は、ご夫婦お二人で一ヶ月間で約3kgをお召し上がりになられております。

 

無添加は安心して食べられるので、精神衛生上よい。

 

実は、私の父が先日の大腸内視鏡検査で悪性腫瘍が見つかり、一昨日、紹介状を持って、私と同じ大病院へ。

丸一日検査、検査だったそうです。

血液検査(7本ー動脈検査あり)・エコー・CT・心電図・レントゲン・尿検査。

来週の火曜日に呼吸器の検査があるそうです。

ももう80歳を超えています。

手術に耐えれるか、その判断のための検査みたいです。

おそらく4月始めに入院して、約1ヶ月間は私一人なので、どのみち、自炊しなければいけない運命であったのだ。

もしかしたら、入院が長引くかもしれないし、大腸がんで転移していないとも言い切れない。

いずれは、私は一人暮らしになる運命なのだ。

であれば、今回「オールパン」を購入して、無添加生活を始めたことは、体にも優しいし、なおかつ、自分の自活のためにもなっており、一石二鳥であるのだ。

キムチといえば、韓国・ソウルの一人旅を思い出し、無性に韓国のりが食べたくなった。

場所は移転して、オーナーは今はどうなったかわかりませんが、2009年当時、5泊で7500円位で宿泊したゲストハウスがソウルにある。

部屋は超狭いです(窓付・冷蔵庫あり)が、ご飯・キムチ・韓国のり食べ放題でたまにオーナー(当時は女性)が韓国冷麺など手作り料理を(もちろん無料)振舞ってくれました。

今、大統領が罷免され、韓国国内も不安定なので、韓国に行く方も少ないかもしれませんが、一応、サイトをご紹介しておきます。

私は、ネットで格安航空券を購入して、この「やすらぎ」に宿泊し、ガイドブックを片手に地下鉄で観光していました。5泊6日の旅だったと記憶しております。

 

「新村やすらぎ」

 

http://www.guesthouse-yasuragi.com/about/about-guesthouse.html

 

話は脱線しましたが、韓国のりも食卓に登場します。

キムチ味というところが、これまた、渋い!

 

f:id:taachan_043078:20170315020942j:plain

 

そして、調味料は白砂糖の代わりに、種子島のきび糖に。

しょうが紅茶には、黒砂糖を使用しています。

 

f:id:taachan_043078:20170315021321j:plain

 

そして、最後に、醤油ですが、再仕込み2年熟成皇帝醤油です。

 

 

item.rakuten.co.jp

 

もちろん、無添加ですよ

夕食で刺身で使いましたが、コクがあり、めちゃ旨です!

 

f:id:taachan_043078:20170315021704j:plain

 

これからは、この醤油を使います。

今までの醤油は添加物たくさんありましたし、第一、長期熟成などしておらず、せいぜい、3ヶ月くらいでしょう。

 

f:id:taachan_043078:20170315022043j:plain

 

脱脂加工大豆・白砂糖・甘味料・アミノ酸等・カラメル色素・酸味料・パラオキシ安息香酸と、いままで全然気にもしていなかったが、「醤油屋の醤油が化学調味料まみれなんて!」。「食の安全て何?」。

消費者が、私が気づき始めたように目覚めなければ、生産者は経済重視(利益重視)の食品を作り続けるでしょう。

いずれ詳しく取り上げますが、福岡市早良区に高取保育園という保育園があります。

 

f:id:taachan_043078:20170315024018j:plain

 

そこでは、園児たちに、玄米やそれに合うおかずや、調味料等も吟味されて提供されており、梅干しやお味噌を手作り(園児も参加)でされているそうです。

「食育」とは、よく言ったもので、子供の頃から、インスタントのカップラーメンの味しか知らない園児がいる中で、片や、手作りの無添加の本物のお味噌の味を知っている園児もいるというこのギャップ。

これらが、大人になった時にどんな大人になるのか、興味深い。

園長である、西福江先生は、「食は人の体づくりの基盤であり、味覚や人格形成にも影響を与えるものなのです」と。

食は、人格形成にも影響を与えると?

最近、殺人事件が多いと思いませんか?

この本のまえがきに、「食品の裏側」の著者、安部司氏のコメントにも興味深いことが書いてあるので、一部分を紹介したいと思います。

キレる子どもが問題になって久しい。栄養の偏りや食品添加物の過剰摂取などの影響もあるかもしれないが、私はそれより、食を軽くみた「ツケ」が子どもに回った結果だと受け止めている。大人たちが、簡単便利で快適な生活を謳歌してきた半面、子どもたちは食べ物のありがたみを知ることなく育った。命のありがたみを感じず、人の命の重さも分からない。食べ物を大切にする子どもは絶対に人をあやめないと、私は信じている。

一つ、感激したエピソードを思い出した。高取保育園で講演したとき、会場まで、背丈が私の半分ほどの園児が先導してくれた。途中、事務室に必要な物を置いてきたことを思い出し、「忘れ物したからちょっと待っていてね」と言うと、その子はすぐ、「僕が取ってきますから。先生、忘れ物はなんですか」と聞き返してくれたのだ。なんと社会性の育っていることか。

この本はぜひ、素直で温かな子どもを育てたいすべての人に読んでいただきたい。子どもの心に「ありがとう」と言う感情が初めて芽生えるのはきっと、食事を作る家族の後ろ姿を見たとき。一手間かける料理は、慣れるまで負担だろうが、子どもは必ず見ている。力まず、気長に、命と向き合ってほしい。

以上であります。

うろ覚えですが、アトピー性皮膚炎なんかも、そもそも食事が原因みたいですよ。

まあ、時代が時代といえばそうなのでしょうけど。

カップラーメン・ポテトチップス・お酒・タバコで暮らしている(私にも正直そういう時期がありましたので否定は難しいですが)と、破滅するかも?犯罪も増える?と西先生は遠回しに、警鐘を鳴らしているのです。

そういう人が親になる世の中はおかしくならない道理がない。

やはり、無添加がよいのです。できるならば。

とは、言っても一人暮らしの方もいるだろし、いきなりの「食生活の改善」はハードルが高いでしょう。

それで、下記の本の再登場です。

 

f:id:taachan_043078:20170315031234j:plain

 

トライー「半歩」を始めませんか

「この体は、将来のわが子の体でもあるんだよな」

 

「生ごみすら出ない」私の生活が昨年11月、少し変わった。炊飯器のスイッチを入れた。半年前に賞味期限が切れていたみそも、新しく買った。

社会部記者  重岡美穂(29)。独身。

 

(中略)

そこで一念発起。①野菜を食べる②一日三食とる(私とは違うが)③外食は定食にする④間食は控える⑤自動販売機は使わないーこれをこれを「できる範囲で」やる。「半歩の挑戦」と名付けた。

(途中、適宜略)

半月後。みそ汁を手作り。

2ヶ月目 本で栄養バランスを勉強。肉や卵は毎日食べなくてもいいらしい。逆に食べ過ぎると万病のもと。

昼は、野菜いため定食やおでん定食。夜はデパ地下の和風弁当を増やした。

体の働きをよくしようと、白米よりはミネラルやビタミンが豊富と知った玄米を初購入。便秘も減り「体は食事で快適になるもんだ」と嬉しくなり、やる気も倍増。体重も元どおりに。

 

3ヶ月目 朝食抜きの日も減り、ご飯と野菜、豆類を意識して食べるようになった。花粉症なのでアレルギーと食の関係の本も読み、農薬や食品添加物はできるだけ避けようと思った。運よく、デパ地下に無添加、無農薬の惣菜店があり、常連に。

 

変わったことー。学生時代からひどかった生理痛が軽くなり、鎮痛剤がいらなくなった。血液検査では、赤血球が大きくなり、数も増えた(酸素を多く運ぶから疲れにくくなる)。化粧品店に調べてもらった肌の状態は、肌自身が元気になろうとする力(ターンオーバー)が改善した。

 

今、挑戦は6ヶ月目。食べることを少し意識して「この体は将来の『わが子』の体でもあるんだよな」とか、「野菜も自分で作って見たい。でも、育つまでに1年もかかるのか」とか、いろんなことも見えてきた。

もし、あなたが「呆食かな」と思ったら、「半歩」を始めてみませんか。

このように結んでいますが、後に、この「半歩」がなければ、今の「一歩」はなかったとも言っています。

まさに、できるところから、ぐーっとハードルを下げて挑戦されるのもいいのでは?

 

私も彼女と同感で、「野菜を自分で作ってみたい。」と今、思っています。

 

また、話を本題に戻します。

私は納豆を毎日食べています。

大豆は国内産大豆です。けど、タレやカラシに化学調味料が含まれているので、昨日からは、使用せず(廃棄)に、皇帝醤油をかけて、さらにエゴマ油(オメガ3系脂肪酸摂取のため)をかけて食べています。

 

納豆です。

 

f:id:taachan_043078:20170315034830j:plain

 

成分表示です。タレ・カラシをよく見てくださいね。

 

f:id:taachan_043078:20170315034941j:plain

 

醤油のところで出てきた、たん白加水分解物やアミノ酸等・着色料等です。

タレとカラシです。廃棄ですよ。

 

f:id:taachan_043078:20170315035351j:plain

 

エゴマ油です。小さじ1杯かけます。

厚生労働省は、オメガ3系脂肪酸摂取を1日4gを奨励しています)

 

item.rakuten.co.jp

 

f:id:taachan_043078:20170315035245j:plain

 

 昨日の一日一食(夕食)のメインディッシュは、たこ刺でしたが、ここで反省しました。

刺身なら全て大丈夫と思っていた、私が悪かった。

たこは、モロッコ産で、pH調整剤等・化学調味料が入っていたのです。

なので、今後は、朝漁れの地物の生魚を基本にしたいと思います。

後、厳密に言いますと、韓国のりの塩がどのような塩が使用されているのか?

桃屋の花らっきょうの多分、白砂糖が若干気になりますが.....

まあ、多少は仕方がないです。

父が一昨日、私が「焼き鳥食べたい」と言ったので、焼き鳥を買ってきたのですが、あえて(化学調味料)食べませんでした。

父の晩酌のつまみになりました。

実は、一昨日、父が大病院で検査、検査で8時間も滞在していたので、てっきり入院かと思い、やきもきして、私も疲れていました(父も相当疲れたみたいです)。

帰って、料理する気力もなく、豚レバーの煮たのが売っていたので、それを買いました。

で、食べたのですが、レバーの味が全然しない。(写真撮っておけばよかったな)

ラベルをよく見ると、チキンエキスと書いてある。

「レバーになぜチキンエキスが必要なのか?」

このような疑問を持てるようになったのは、安部司氏の「食品の裏側」を読んだおかげだ。

 

f:id:taachan_043078:20170315041533j:plain

 

f:id:taachan_043078:20170315041612j:plain

 

つまり、おそらく本当の豚レバーではないのであろう。

というか、全てが豚レバーではないという意味。

何かを巧みに、豚レバーと混ぜ合わせて作った商品だと思われる。

以前ブログで紹介した、ミートボールみたいに、いろんなものを混ぜ合わせて作るから安いのであろう。

手間はかかるが、レバーを買ってきて、自分で焼いて焼肉のタレは添加物が入っているので、塩・コショウで食べるのが大正解だ。

それを教えてくれた、 2冊の本だ!

興味深く、2日間で読破した。

温野菜は、アサヒ軽金属の「オールパン」(おすすめです)。

前回と同じく、今回は少し野菜の量の調整と蒸し時間の調整をしました。

(おことわりー料理過程の写真は、前回のを流用いたしました。)

 

f:id:taachan_043078:20170315042452j:plain

 

にんじん・玉ねぎ(前回1個・今回半個)と皇帝塩10g・水100mlを入れ蓋をする。

 

f:id:taachan_043078:20170308054922j:plain

 

沸騰したら、弱火にして6分。

 

そこで、ブロッコリーを投入。

 

f:id:taachan_043078:20170308054512j:plain

 

2分後、小松菜を投入。さらに2分経って火を切って出来上がり。

 

 もちろん、小松菜・ブロッコリーは従来は,我が家では、お湯でゆでていて、ゆで水を捨てていたが、この「オールパン」で蒸すことにより、ごく少量ですが野菜スープもでき、ビタミン・ミネラルが鍋に残っているので、丸ごと摂取できる大きなメリットがあります。

しかも、多少は農薬が心配だが、皮にはポリフェノール等の野菜の特有のファイトケミカルがあるので、基本、皮を剥かず、皮ごと調理しているから、その手間も省け、超楽チンです。

江戸時代は、大根の中身を食べていたお殿様よりも、その残った皮を食べていた家来の方が長生きしたそうですよ。

 

塩は、ミネラルたっぷりの皇帝塩を使用。

昨日は10g入れました。さすがにしょぱかったですが、皇帝塩はたくさん使用してもいいみたいです。

下記小冊子つきましては、過去ブログを参考にしてください。

Amazonで入手できます。

皇帝塩で検索。

 

f:id:taachan_043078:20170315054049j:plain

 

item.rakuten.co.jp

 

f:id:taachan_043078:20170228193346j:plain

 

さて、お待たせしました。

無添加生活1日目の夕食です。

 

f:id:taachan_043078:20170315043847j:plain

 

f:id:taachan_043078:20170315043936j:plain

 

f:id:taachan_043078:20170315051610j:plain

 

ちなみに、夕食1時間前位に、果物(安いのでほとんどバナナですが)を食べます。

ここで、多少、血糖値が上がりますので、夕食の食べ過ぎも防げます。

 

f:id:taachan_043078:20170308124015j:plain

 

また、話は脱線しますが、私は音楽は、クラシックにはじまって、ジャズ・ロック・AKB48となんでも聴きます。

先日、初めてAmazonプライム会員になりました。

年会費3900円です。月に換算すると、わずか325円。

これで、今、4000円OFFでKindleが買えます。

これだけでも、100円の儲けでしょ?(今だけですが)

また、お急ぎ便が利用できたり。

タイムセールスが、一般の人より30分早く参加できたり。

あと、音楽や映画やドラマが聴き放題・見放題なのです。

ジムで、ウォーキングしている時の時間つぶしにちょうどいいと思っています。

病院の待ち時間にも利用していますし、家では、パソコンで流し放しです。

例えば、iPhoneの画面ですが、往年のジャズが聴き放題です。

 

f:id:taachan_043078:20170315050802j:plain

 

f:id:taachan_043078:20170315050825j:plain

 

ロックでは、ビートルズやクイーンなど...

 

f:id:taachan_043078:20170315050922j:plain

 

f:id:taachan_043078:20170315050954j:plain

 

昨年の5月に断捨離をした際、CDを約200枚処分(「もったいない本舗」の買取サービス利用)した(断捨離の奮闘記は、過去ブログを参考にされたし)。

なので、いろいろ曲が聴けて楽しみだ。

私は、個人的に、自分の青春時代の80年代のロック・ポップスが好きなので、結構その辺は充実しているので嬉しい。

さて、肝心な話ですが、実は、まだ、運動をしていないのです。(汗)

大相撲が始まってしまったので、相撲好きのおじさんとのサウナ談義があるので、と、言い訳ばかり、また、昨日から無添加生活を始めましたが、それまでの食生活はひどいものでした。

ブログを書いていない空白の期間。

ひどい時は、アイスクリーム8個(小さいのですがーリアル汗)食べたり。

もう一切食べない、「あばよ、アイスクリーム」宣言をしていたのに。

あなたには申し訳ないです。

体重、元に戻りました。

なので、一昨日の体重69.95kgを起点に、また奮闘したいと思います。

運動は、まず40分4kmのウォーキングから、大相撲が終わって、3月27日から始めたいと考えております。

まあ、自分で言うのも変ですが、アイスクリームをやめて、昨日のような食事をして、運動をすれば、すぐに減らすことはできると思います。

何度も減量した実績がありますから。

体重推移は下記の通りです。無残なものですよ。

 

f:id:taachan_043078:20170315045955j:plain

 

本当に体は驚くほど正直です。

だから、無添加なのです。

米食なのです。

これらは、続けることで意味をなしていきます。

減量も真面目にやってれば、おそらく今頃は64kg位になっていたかもしれません。

でも、誘惑に弱いのも人間なのです。

煩悩というやつですね。

再度、ここでおさらいをしますが、

 

私の一日の食事

 

朝食   にんじんリンゴジュース

 

昼食   なし

 

夕食1時間前  果物(主にバナナ)

 

夕食   玄米+雑穀米(ごま塩)・魚・温野菜・納豆(エゴマ油)

     キムチ・らっきょう・韓国のり

 

     無添加調味料使用

 

週1回 一日断食

 

しばらく、このパターンで頑張ってみたいと思います。

もちろんこれはなしで。

 

f:id:taachan_043078:20170315061556j:plain

 

どうしても甘いものが欲しくて我慢できない場合は、こちらを食べる。

 

f:id:taachan_043078:20170308123901j:plain

 

3月6日に血液検査をした。昨年の6月頃からほとんどお酒をやめており、完全断酒127日目の今日であるが。

ΓーGTPの値が45と初めて50を切った。50を切ったのは、多分、30年ぶり位だと思われます。

一日断食も功を奏して、検査値は良好でしたが、総コレステロールが上限を少しオーバーしたのは、もしかしたら、アイスクリーム・チョコレートの食べ過ぎかもしれない。

隠れて、食べていたのである。

無添加生活を契機に、今度こそは決別したいと思う。

今日のレシピは、またアップしますよ。

皇帝醤油、煮魚にも使えますよね。

料理酒は、食塩が入っているので普通のお酒を使う予定です。

(飲まないから、大丈夫)

酢も純米酢にしたいと思う。

先ほど紹介した高取保育園の本にも食材の調達先リストが詳しく載っています。

もし、このブログをお読みになられた、あなたが女性ならば、迷わずこの本を手に取られることを、とは言っても本屋に置いてないと思うので、864円自己投資されることを強くお勧めいたします。

最後に、今回導入のコスト面ですが、玄米も在庫無くなり次第、無農薬玄米にと考えております。なので、コスト高にはなります。

けど、私の玄米の食べる量は、1日1食でしかも雑穀米含め約110g程度。

なので、月2kg位しか消費しない。

(おまけに、毎週土曜日は一日断食でご飯は食べない)

コスト面での節約もあります。昼食代がかからないということや自動販売機で飲み物は買わないようにしています。

タバコ・お酒をやめたので、そのお金もかかりません。

工夫次第なのです。

そういう意味でも、ゼロから始める玄米生活2 おかず編は、いいヒントになると思います。

あなたが本気で今の食生活を変えたいのであれば。

それでは、

今日も、にんじんリンゴジュースでチャージ。

無添加生活2日目の幕開けです。

 

参考図書

・食品の裏側       安部司     東洋経済新報社

・食品の裏側 2 実態編  安部司     東洋経済新報社

・食卓の向こう側 2            西日本新聞ブックレット

・ゼロから始める玄米生活2 おかず編    西日本新聞社

 副題:高取保育園の食育実践レシピ集

 

(完)

 

 

 

 

 

一日一食45日目ー待望のオールパン生活スタート!!

断酒120日目です。

突然ですが、このブログはパソコンでお読みください。

というのも、リンク先がスマホだと読み込みが十分できなく、趣旨が十分に伝わらないからです。

と言いますか、各所でリンクを貼っているのですが、スマホですとそのサイトが簡易版になるのです。

もし、スマホでご覧になられる場合は、当該サイトをパソコン版でご覧いただけれるかお試しください。

それと、本日は長文ブログなので時間がある時にじっくりお読みください。

(もちろん、飛ばし読みも歓迎!)

前回は、「食卓の向こう側」の導入部分をご紹介しました。

私もまだ全部読んでいません。

山積みされていますが、じっくり読むのが楽しみです。

今日は、「食品の裏側」の本についても少し話してみたいと思います。

この前の土日にAmazonで購入した中古本の「食品の裏側」「食品の裏側 2 実態編」、計約500ページを一気に読破しました。

 

f:id:taachan_043078:20170308001616j:plain

 

f:id:taachan_043078:20170308001700j:plain

 

その前に、「食卓の向こう側2」から一部抜粋を!!

(2003年発行)

 

f:id:taachan_043078:20170308002822j:plain

 

私も、非常に驚きを隠せませんでした。

 

もどきー安さの裏にあるものは

「消費者が素朴な疑問を持たなければ、いい食品は生まれない」

 

コロッケ1個20円。「なんでこんな値段でできるんだろう?」。福岡市内のスーパーの惣菜コーナーで、主婦の副島智美(43)は首をかしげた。

副島はパートで、きんぴらごぼうなど家庭料理を提供する惣菜店で働く。そこで作るコロッケはジャガイモをゆで、いためたタマネギ、ひき肉などを入れる手作り。1個130円。材料費や自分の時給を計算すると、きりぎりの値段だ。

「外国で作るから安いのか。どうやったら、この価格になるんだろ」。疑問は膨らむばかりだ。

(筆者注:安部司氏が「食品の裏側」の筆者です)

「要望に合わせ、それなりの商品を作る。それがプロの技。」かつて食品添加物を扱う商社のトップセールスマンとして、さまざまな食品の開発に携わった安部司(52)=北九州市=は言う。

安部が明かすテクニック。あるスーパーから特売用の肉団子(いわゆるミートボール)を頼まれたケースでは...。

普通のミンチは使えないから、牛の骨部分についている肉を削り取った端肉をもとに、大豆たんぱく(人造肉)で増量し、欠ける風味は香料(フレーバー)で補う。

次に歯触りを滑らかにする加工でんぷんや油を加えるが、それと引き換えに失う粘りは結着剤でカバー。

油をなじませる乳化剤、色あせを防ぐ酸化防止剤、さらに着色料、保存料、肉エキス、うま味調味料...。

肉団子にからめるソースは氷酢酸グルタミン酸ソーダなどで、ケチャップはトマトペーストや酸味料などでこしらえ、真空パックで加熱殺菌。国から認めたものではあるものの、20種以上の添加物を使い、子供が喜ぶ味(軟らかくて味が濃く、3口でのみ込める)で、常温保存が利く商品に仕上げる。

 

「もちろん、まじめなメーカーもある。でも、あなたがコーヒーに入れた小カップのミルク。植物油に添加物を加えて白く乳化させたものかもしれません」と安部。

 

中食ーラベルを見ていますか

「豚体実験はもうこりごりだ」

 

2年ほど前、福岡県内の養豚農家で「事件」が起きた。

母豚のお産で死産が相次いだのだ。やっと生まれたと思ったら、奇形だったり、虚弱体質ですぐに死んだり。透明なはずの羊水はコーヒー色に濁っていた。

「えさ」だ。ピンときた農場者は、穀物など元のえさに変えた。徐々にお産は正常に戻ったが、25頭の母豚が被害に遭い、農場主は生まれるべき約250頭の子豚をフイにした。

母豚が食べたのは、賞味期限が切れた、あるコンビニの弁当やおにぎりなど。「廃棄して処理料を払うより、ただで豚のえさにした方が徳」と考えた回収業者が持ち込んだ。期限切れとはいえ、腐っているわけではない。「ちょっとつまもうか」と、農場主が思ったほどの品だった。

肥料用の子豚に与えれば、肉質にむらがでる。そこで母豚に、それだけを毎日3キロ与えた。農場主の計算では月20万円のえさ代が浮くはずだったが、114日(豚の妊娠期間)後、予期せぬ結果が待っていた。

 

原因はわからない。だが、予兆はあった。与え始めて間もなく、母豚がぶくぶく太ったのだ。すぐに量を減らした。

獣医師によると、豚はストレスに弱いため、短期間(半年)に2〜3回えさの与え方を変えただけでも、調子が狂うこともあるという。

「人間で言えば、3食すべてをコンビニ弁当にしたのと同じこと。それでは栄養バランスが崩れてしまう」と、福岡県栄養士会長で中村学園短大教授の城田知子。

一般的なコンビニ弁当は高脂質で、濃いめの味付け、少ない野菜。毎食これで済ませたら...。

家庭にはない食品添加物も入っている。「腐る」という自然の摂理から逃れるには、何らかの形で人の手を加えなければならない。例えば、おにぎりを「夏場で製造後48時間もつ」ようにするには、添加物などの「テクニック」が要る。だが、そのおかげで、私たちはいつでもどこでも、おにぎりをほおばることができるのだ。

 

(参考)

セブンーイレブン・ジャパンは2002年度、9億9千万個のおにぎりを販売した。

 

実は、この「食卓の向こう側2」はまだ15ページしか読んでいないのだが、出だしからすごく衝撃を受けました。

 

上記の安部司氏の「食品の裏側」「食品の裏側 2実態編』を読んで、いかに国が安全だと認めていたとしても、食品添加物を避けて通ることができない世の中であるということと、食品添加物には、「光」と「影」があるということも十分理解できました。

もう、アイスクリームは食べたくなくなりました。

白砂糖は体に悪いし、第一アイスクリームには炭水化物という名に隠れて、たくさんの砂糖が使用されているのです。

私には、睡眠障害アルコール依存症があり、昨日大病院の精神科へ外来に行ったのですが....。

印象的なことが二つありました。

ひとつめは、そこで働く事務員さんで超肥満の女性の方が自販機で飲み物を買っているのです。

よく見ると、缶コーヒー。

砂糖たっぷり入っています。

そんなの飲んでいるんじゃ、食生活も推して知るべし。

ソリャァ、太るわけだ。

もうひとつは、売店へ行き、サンドイッチやおにぎり、弁当の成分表示(今までカロリー表示以外は気にしたことがなかった)を見ると、正直、「積極的には、食べたくねえなぁ!」と思いました。

前回のブログでも触れましたが、私がなにげなく食べたコンビニのサンドイッチにも、これでもかというくらいに添加物が入っていたのです。

後述しますが、日本では認められていても、ヨーロッパで禁止されている添加物もあることもわかってきましたし、私が腎臓病である話も前回しましましたが、添加物でどうやら腎臓に悪いものあるらしいこともわかってきました。本を読んで。

 

無添加良品という店舗から、天日干しの自然塩(中国産ですが)を購入した際に、2つ小冊子がついてきたのですが、そのうちの、「食品添加物の秘密」から抜粋します。

 

f:id:taachan_043078:20170308045720j:plain

 

先ほど、コンビニの弁当、おにぎりを母豚に食べさせて死産した話をしましたが、ファーストフードも例外ではないみたいです。

この小冊子では、

 

添加物は毒?

食品添加物を最もたくさん摂取できるのは言わずと知れたファーストフード、米国ではジャンクフード(ゴミ、家畜のエサ)とも言われ国民にもっとも親しまれている食べ物だ。

2004年、米国で衝撃的なドキュメンタリー映画が発表された。

スーパーサイズ・ミー

(私も300円でYou Tubeで観ました)

当時は米国中を騒がせ、何かとアカデミー賞の優秀ドキュメンタリー映画部門にノミネートさてたほどの内容だった。

 

その、驚きの内容とは?

世界一有名なジャンクフード、マクドナルドの商品を1日3回、30日間食べ続けたらどうなるか?

 

なーんだ!たったそれだけ?

俺だって毎日のようにマクドナルド食べているし、しかもアカデミー賞?馬鹿みたい!

そう思ったあなたはこの映画を見たらきっと腰を抜かすに違いない。

 

簡単に説明するとこうだ!

米の少女2人が自分たちが太ったのはマックを食べ続けたからだとマクドナルドを裁判所に訴えた事件からスパロック監督は自分の体を実験台に、マックをマックを食べ続けたらどうなるかというドキュメントに挑戦したのだった。

食べ始めて数日後の嫌悪感(頭痛・吐き気)を通り過ぎると、まるで麻薬患者のように食べたくなる。まさに中毒状態。

食べていない時は疲労感、無気力、精力減退を感じ、食べると気持ちがハイになる。

毎週、医師によるメディカルチェックで体重の増加(11kg増)、肝臓の悪化、精神異常が明らかになった。

映画では症状が出た原因は「脂肪分の取り過ぎ」ということで終わっているが、後に会社側の実験で監督が1カ月で食べた脂肪分と同じ量を数人の男女で試したところ、監督と同じ症状は出なかったとデータ付きで発表して騒動は終息した。

つまり、マックを食べ続けても病気にはなりませんということになって相変わらずマックは米国民に愛され続けているというわけ。

ところがこれにはカラクリがあって、映画ではマックの商品だったのが会社の実験では脂肪の量を同じくした肉でやったのた。もちろん、肉には添加物は一切使っていない。

こんなのずるいと思いません?

マックもAKB48のモノマネをして、「総選挙」なるものを実施して、黒字決算になるみたいだが...

 

headlines.yahoo.co.jp

 

食品添加物で.....

 

その結果、日本人には、アトピー、花粉症のアレルギー、肥満、血液ドロドロ、高血圧、低体温等々色々な症状が当たり前のようにはびこるようになった。

挙句には精神が侵されてしまう人(鬱)も急増していて、パキシルデパスといった麻薬とほとんど同じ成分で作られている抗うつ剤で薬漬けにされている。

麻薬を取り締まる法律の正式名称は、「抗精神薬及び麻薬取締法」ということからもピンと来るはずだ。

全てを添加物のせいにするわけではないが添加物という名の化学物質が大きく影響しているのは否定しようがない。

実際、前述の症状を持った人が添加物を排除した食生活を続けて完治した例がたくさんある。

ガンすら治った例も数多くあってたくさんの人が実践し始めている。マドンナやトムクルーズで有名になったマクロビオティックや正食運動がまさにそれである。

玄米菜食やベジタリアンの食事はまさに添加物を排除した食生活であり、長年の実践者の中にはアトピーやアレルギー患者は存在しない。

無農薬の米や野菜が人体に良い働きをするのはもちろんだがそれと同じくらい添加物を排除することに意味がある。

 

先日から使用し始めた皇帝塩

 

f:id:taachan_043078:20170228193346j:plain

 

この小冊子の書き出しの部分を最後に紹介したいと思います。

例によって、興味のない方は読み飛ばしてもらって結構です。

オールパンの話は、もっと先ですから。

 

薬が効かない?

私が製薬会社で研究していたある日、上司に呼ばれて「昭和30年代に比べて薬の効果が激減しているので調査してくれ!」と命令が下った。

薬の質が低下したんじゃないの?と思ったが会社の命令とあらば従うのがサラリーマンの掟。

それから1ケ月かけて調査したところ患者さんの側に何か原因があることがわかった。

どうやら、体液が汚れている人が増えて、薬の成分の働きを妨害しているようだ。

試しに体液をきれいにするのにリンゲル液【生理食塩水(0.85%の海水)】を点滴して、薬の効果を調べたら驚くことに30%も効果がアップしていた。

さらに調べると「食生活」に原因があることが判明、特に食品添加物(化学物質)を多く含む食生活をしている人ほど薬の効果が低いことがわかった。

外食・お菓子・ファーストフード・市販惣菜・市販弁当等、食品添加物を摂取する機会が多いのに驚かされた。

スーパーで販売されている加工食品の99%に化学添加物が使われ、野菜や米には農薬がたっぷりかけてある。我々が口にするものは化学物質を避けて通れないような仕組みがすでに出来上がっていた。

厚労省の発表によると日本人は1日平均15g、年間5.5kgの添加物を摂取しているそうだ。

塩は1日10g以下にしなさいと指導しておきながら添加物はそれ以上食べても何も言わないのはなぜだろう?

調べたところ調味料から最も多く摂取しているようで味を付けるものには全て調味料が使われているわけなので1日3回、年間1095回の食事に使われている。

外食はもちろん、家庭で使っている調味料にもどっさり化学調味料は使われている。

そこで調味料を化学添加物無しの無添加の物に替えて薬の効果を調べたらさらに20%もアップした。

その後の研究で調味料を無添加に替えるだけで添加物の摂取量が40%

減少し、外食を止めると15%減、市販の加工食品を止めると20%削減できることがわかった。

合計で75%もの添加物(化学物質)を削減することが可能だ。

残りの25%は化粧品・シャンプー・石鹸・毛染め・塗り薬からくる皮膚経由、排気ガス等の鼻経由だ。

 

ここまで延々と本や小冊子の内容を紹介してきて、われながら呆れかえた。

我が国の総理大臣をふと思い出したのである。

総理は海外訪問が多い。

また、国内でも連日のように会合がある。

当然、ほとんどが外食であろうと推察される。

我が国の総理ですら、食品添加物を排除するのが困難かと思われるに、一国民のお前が騒ぐななよなぁという声もあってしかるべき。

私も、「それもそうだな」「ケンタッキーフライドチキンも食べたいし」とも思う。

なので、あなたは、そこまでやられる必要はないと思います(身近に重病人がいれば話は変わりますが)。

今後は、少しは意識して、食品の成分表示を見られたらいいと思います。

けど、あなたと決定的に違うのは、くどいようだが前回のブログで告白した通り、私は指定難病の腎臓病患者であるということです。

もしかして人工透析を防げるのであれば、あらゆる手を打ってみたい。

あなたから見れば、ナンセンスで、滑稽に見えるかもしれませんが、こちらは、藁をもすがる気持ちなんですよ。

甲田光雄先生の話も、以前いたしましたよね。

先生は、医学部学生時代に医者に見放されて、自力で「断食」で病気を克服されたのです。

なので、私も自分の人生。自分の病気は人任せ(例え、相手が医者であっても)が嫌なのです。変わり者かも!?

昨日、大病院に行った話の続きをまたふたつしたいと思います。

月1回火曜日に行くのですが、そこで親しくなった例のたこ焼きおじさん(知らない?ーいつもたこ焼き食べているのだよ)は、実は人工透析患者なのです。

やはり透析は時間的制約もあるし大変みたいです。

もし、できることであれば、時期を遅らせるか、なくせればもっといい。

もうひとつは、病院へは朝一、受付時間前に行くのですが、栄養指導室の前に立って、ガラス越しに「糖尿病食」のモデルケースの食事内容があった。

朝食を見て、思わず笑ってしまった。

パンにウインナーをはさんだものとサラダ(ドレッシング)と紅茶という内容。

「食品の裏側」を2冊読破後の、私としては、「所詮、管理栄養士は、カロリー計算はできるけど、食品添加物のことは全然考えてないんだなぁ!」と正直思いました。

先ほどの、ミートボールの話じゃないけれど、ハンバーグ・ハム・ウインナーは要注意です。

あと、市販のドレッシングも添加物がバンバン入っているみたいです。

自分で作りましょう!と安部氏は提案しています。

もっと、驚いたのは、例えば、豚骨らーめんのスープは、液体を粉状にするものだと50数年間思っていました。

全然違うのですね。

化学調味料をいくつか混ぜ合わせると、なんと、そっくりな味になるのだそうです。

これを知って怖くなってきました。

「食の安全って一体何?」

でも、現実は、避けて通るとこも難しい。

が、自分は、なんとか難病を克服したい!!

葛藤が始まります。

状況は二転三転します。

ここで、申し訳ありませんが、「新谷酵素」60日飲んで、その後継続しないことにしました。

また、折に触れますが、発酵食品の本場のキムチを取り寄せてみることにしました。(これも果たして採用になるか?土曜日に来ます)

ただ、自分は一日一食で、しかも週1回、一日断食をしているので、1日3食年間1095食も食べない予定。300食以下か?

朝は、にんじんリンゴジュース

昼は食べないので、外食はしない。

あとは、夕食だけなので、できるところから、可能な限り食品添加物を減らしていきたいと考えています。

 ちなみに、一日一食じゃ、小腹が空くこともあります。

朝は、しょうが紅茶に黒砂糖をたっぷり入れて飲みます。

日中は、基本、果物です。

先日、初めて、安納芋を食べました。

水分もあり、独特の甘味もあり、とても美味しかったです。

また食べたいです。(アイスクリームから脱却できそうです)

 

f:id:taachan_043078:20170308123901j:plain

 

で、普段は安いバナナです。

 

f:id:taachan_043078:20170308124015j:plain

 

話を戻します。

まず、醤油ですが、こちらは少々高価ですが一日一食しか食べないので若干贅沢してもいいかなという思いと、入院なんかしたらもっと医療費がかかるので、血液検査をみながら、果たして効果があるものなのか?(正直半信半疑の部分もありますよ!絶対であれば、皆さんがやるはずですから。効果がなければ即撤退しますし、このブログが将来もしかして闘病ブログになる可能性もないとも言えません)そういう思いで、注文しました。

 

皇帝醤油です。

パソコンで、商品説明をよく読んでいただければありがたいです。

 

item.rakuten.co.jp

 

さてここで少々長くなりますが(ここでもご興味のない方はスルーしてください)、前回紹介したこの皇帝塩・皇帝醤油・皇帝味噌・皇帝きび糖の販売元である、皇帝塩本舗公式ホームページより抜粋します。

 

 

さて、本題に入りますが・・・添加物の代表格は、ほとんどの市販加工食品
に使用されている「アミノ酸等」、つまり化学調味料グルタミン酸ソー ダ)
でしょう。

本来ならカツオ節や昆布、しいたけ等から「ダシ」を 取って加工食品に味をつけていくのですが、手間やコストを考えると加工食品メーカーにとって使い勝手のよい白い粉(化学調味料)を使うメリッ トは大きいのです。

かつお節や昆布、しいたけ等の「ダシ」を分析してみると、その「う まみ」を感じる成分は
グルタミン酸という物質であるということが判明 しました。

日本人は成分が判明すると、安い原料から大量にその成分を作り出す技術を開発してしまいます。

サトウキビから黒糖を絞った粕を、化学処理してグルタミン酸ソーダという白い粉を作ったのが、
あの「CMで有名な化学調味料会社」です。

グルタミン酸というアミノ酸は脳細胞にも含まれていたり、食物中に当たり前に存在しているありふれた物質なので、特に問題は無いとされてきました。

しかし、後の研究によって人工のグルタミン酸ソーダは人間の脳や神経に悪影響を及ぼすことがわかっ ています。

有名な「中華料理症候群」といわれるもので、アメリカのボストンの中華料理店で食事の10~20分後に首筋から腕にかけてのしびれや灼熱感、全身の圧迫感やだるさを訴える人が続出したのです。

調査の結果、中華料理に使われたグルタミン酸ソーダが必要以上に使用されていたため、食べた人の脳と神経を麻痺させたということがわかり、
アメリカではその使用が制限されるようになりました。

特にベビーフードには使用が禁止されています。

ところが日本ではその使用に制限はなく幅広い食品に使われています。

特に「豚骨ラーメン」には化学調味料を必ず入れますし、インスタント食品やファミレス料理には「うまみ調味料」という名前にすり替わって使われています。

今では考えられませんが、以前は「頭が良くなる」食品といわれており、
私(橋本)の母親も漬物にガンガン振りかけていました。

日本人は小さいときから「化学調味料」に慣れされてきたので、症状としては出ませんが、キレる子供、うつ病といった神経系を犯された人が多くなっていることに、影響していないとは言いきれません。

ちなみに、化学調味料に慣れていないアフリカ人に「豚骨ラーメン」を食べさせると、手足のしびれやだるさを訴える人が多いそうです。

添加物にはさらに危険度の高い物質も多いのですが、それらはグルタミン酸ソーダ(化学調味料) がベースになっていることをよ~く認識していただきたいと思います。

マスコミは最大のスポンサーなので、化学調味料に都合の悪いことは取り上げませんが、
実はこの問題が日本人の健康を損なう大きな要因の一つになっているのは間違いありません。

ただし、消費者には選ぶ権利があるので、私たちは本当の情報を知っていただいた上で、
賢い選択をするお手伝いをしたいと考えています。

 

添加物の研究をすればするほど、恐ろしい事実が浮かび上がってきます。
食品メーカーを批判するだけではなく、添加物の実態を知って賢く選択す
る能力を、消費者は持たなければなりません。

皇帝塩本舗は店舗の名前を新しく『おいしい無添加の店』とし、
添加物の情報を発信し続けます。

目指すは「日本一の無添加の店!」です!

食品添加物はなぜこんなにも普及してしまったのか?

そもそも、何のために使われるようになったのか?

という質問が多く当社に寄せられておりますが、ズバリお答えすると!

実は「減塩」がその犯人だったのです。

GHQ(60年前の古い話で恐縮ですが)が、アメリカから連れてきた科学者のラット試験によって、
日本人(といっても東北地方ですが)に、高血圧が多いのは塩分の多い食品の食べすぎとい
う結論が出され、それ以来、今日まで「減塩指導」が医学界を中心に行なわれてきております。

アメリカの植民地政策で「優秀で粘り強い日本人のエネルギー」を低下させて、アメリカに反抗しないようにする手段として「塩抜き」を奨励したという陰謀説もあるくらいに、塩の問題は大きいのです。

想像してください、加工食品から塩を抜くと細菌やカビで腐りやすくなりますよね。

そうすると塩の代わりに防腐効果のある薬剤が使われます。

これが「保存料」といわれるもので、ソルビン酸パラオキシ安息香酸といった毒性の強い化学物質が、カマボコ等の練り製品や醤油等に使われているのです。

さらに、保存性を高める為に「pH調整剤」、減塩すると味が薄くなるのでグルタミン酸等の「化学調味料」で味を足し、酸化による色落ちが心配なので「酸化防止剤」、そして「着色料」でお化粧します。

子供向け食品には「甘味料」とさっぱり系の「酸味料」を加えれば大喜びで食べてくれます。

スーパーなどで買い物をする場合は、

加工食品の裏側をひっくり返してその表示を確かめてください。

そしてこれから私が発信する情報と照らし合わせて、それを食べたらどうなるのかというのを 確認してから買っていただければと思います。

 

まったく無添加という食品を探すというのはなかなか難しいので、
添加物の種類の少ないもの、入っていても危険性の低いものを
選んで買うようにしましょう。


基本的には、お宅の台所に置いてあるもので作られた食品を買うようにすれば良いでしょう。

着色料やpH調整剤はお宅の台所には置いてないはず。

消費者には開示されない表示義務のない加工助剤の情報なども、
これから発信していきます。

昔はすべての加工食品は職人技が必要とされてきました。


かまぼこ屋さんは朝早く起きて新鮮な魚を市場から仕入れてきてさばき、すり身にして蒸すわけですが、その日の魚の状態を見分けて、練り加減や塩加減を微妙に調整する技術が命なわけです。

ところが添加物を使うと冷凍すり身を使って製造するので職人技を必要とせず、朝早く起きる必要も無い為、経営者は大変楽ができます。

楽ができれば息子も後を継いでくれるし、アルバイトでも一定レベルの製品を作ることができるので、人手不足で困ることはありません。

そんな訳で、添加物は良いことずくめの「魔法の粉」と呼ばれていた時代があったのです。

しかし、その代償は大きく、ガンやアレルギーが増加して日本人の健康を奪っていきます。

もちろん、安くて便利で見た目がキレイな食品を求めている消費者もいますので、「魔法の粉」は
必要とされているのでしょうが、どのような結果をもたらすのかを知って選んでいるのかが問題です。

“知っていれば選ばなかったのに!”という消費者からの声が毎日のように当社に寄せられるので、今後も添加物の真実を発信していくつもりです。

 

実は、この記事を読んですぐに台所へ行きとっさに約40年間、行商人から我が家で購入していた、醤油の成分が気になりラベル表示を確認しました。

 

f:id:taachan_043078:20170308050014j:plain

 

「やはり!」

「脱脂大豆」「アミノ酸液」「酸味料」保存料「パラオキシ安息香酸」「酸味料」等。

しかも、安部氏(山口大学文理学部化学科卒)よると、大豆などのタンパク質を塩酸で分解した「アミノ酸液」

 

日本のしょうゆがEU で禁止になった理由

 

この塩酸分解法には1つの疑惑があります。

タンパク質の分解に塩酸を使うことにより「MCPD 」「DCP」という塩素化合物が発生します。

MCPDは発ガン性は認められないが、ラットを使った実験によって腎臓に影響があるとされ、またDCP については発ガン性が認められました。

2009年、欧州食品安全機関が、日本のしょうゆを回収、輸入禁止という措置をとりました。それはMCPDが検出されたからです。日本では出回っているものがEUではアウトなのです。

ちょっと余談にもなりましたが、やはり少しでも腎臓に悪いのであれば排除したいと考えます。

基本毎日、魚(刺身・焼き魚・煮魚)を食べますので、醤油はかかせませんし、もっとこだわって言えば、毎日納豆を食べていますが、あの納豆についてくる「タレ」も添加物が入っています。

なので、これからは、エゴマ油(オメガ3系)を小さじ1杯かけて、塩または醤油で食べるつもりです。

 

ようやくお待たせしました。

 

www.asahikei.co.jp

 

アサヒ軽金属の「オールパン」の登場です。

実は、10年以上も前から広告を見て欲しかったのですがようやく昨日我が家に来ました。

広告もそれこそ半信半疑(今日、この言葉使うの2回目ですね)ですし、二の足踏んでいたのですが、そもそもなんで今回購入に踏み切ったかと言いますと、温野菜をするために貰い物の鍋でやってみたもののうまくできずに思案している時に、偶然この広告が目に止った次第です。

 

添加物を極力取らないように、昨日の夕飯は考えました。

 

まず、オールパンでゆで卵を。

 

f:id:taachan_043078:20170308053429j:plain

 

卵はいくつであっても、水は100mlで。

沸騰して蒸気が出たら、弱火にして3分くらい。

半熟の場合ここで取り出し、固ゆでの場合は余熱で10分。

初めてで慣れなくて、大失敗!!

1個は破裂しました。沸騰させすぎたみたいです。

すぐに弱火にしなければいけなかったみたいです。

もう1個はうまくできましたが、うまく皮がむけず、写真アップを断念!!(残念)

次に、温野菜です。

先に丸ごと玉ねぎとにんじん少々・味付けに皇帝塩をたっぷりを入れ,これも水100ml。

 

f:id:taachan_043078:20170308054126j:plain

 

男の手料理なので、見た目悪さは許してくだされ!!

沸騰して弱火で7分。

 

f:id:taachan_043078:20170308054922j:plain

 

 

f:id:taachan_043078:20170308054512j:plain

 

ブロッコリー3切れと小松菜2株を入れさらに2分。

ブロッコリーが少し硬かったので、さらに弱火で1分。

(注:上記写真の白米は親父様です)

 

できました。

先に、ゆで卵2個とラッキョウを食べました。

玄米・納豆(親父の買い忘れ)は、なしです。

温野菜・サーモン刺・味噌汁です。

なんで、温野菜がいいのかといいますと、今までブロッコリーや小松菜はお湯で茹でていました。

そしてそのゆで汁を捨てていました。

そのゆで汁に、野菜の甘味とかビタミンとかミネラルとかが含まれていて、それを捨てていたのです。

それではもったいないので、こうやって蒸すことにより、栄養を封じ込めて、スープ(水分が少し残る)ごといただくことにしたのです。

けど、正直、玉ねぎ1個は多かった。半分でも多いかも?

 

f:id:taachan_043078:20170308054716j:plain

 

野菜は添加物はありません。(本当は無農薬がいいのでしょうけどそこまでは不可能です)

刺身も添加物はありません。

市販の惣菜類は一切ありません。

あとは気になっているのが、醤油と味噌とだしなのです。

これも全部、大改造することを断行することにいたしました。

相当な葛藤がありました。

相当な決意が必要でした。

もしかしたら犠牲にするものも出てくるかもしれません。

そりゃあ食費はそれなりにかかりますが、外食も控え、一日一食ですと、トータルはそんなに大きくも変わりませんよ。

もしかして、たまにはそれこそ、ケンタッキーも食べるかもしれないし。

医者から食べるなと言われたわけでは決してなく、あくまでも自主規制なので(笑)。

とりあえず、今日もにんじんリンゴジュースでチャージします。

良い一日を!!

 

参考図書

食品添加物の秘密        無添加良品

・食卓の向こう側 2         西日本新聞ブックレット

・食品の裏側           安部司      東洋経済新報社

・食品の裏側 2 実態編       安部司      東洋新聞新報社

 

(完)